「ブックパス」は、au公式の電子書籍サービス・ストア。auユーザーでもau以外のユーザーでも、漫画や雑誌、小説などの電子書籍を購入したり、読み放題で利用することができます。スマートフォン・タブレット向けにはアプリも提供されていて、ダウンロードしてオフライン環境で読むこともできます。

「読み放題プラン」はこれまで1つのみでしたが、2018年12月より新たに「マガジンコース」が誕生。それにともない、今までの読み放題プランは「総合コース」に名称が変更されました。

それぞれ定額の読み放題サービスとなりますが、どのような違いがあるのか。ブックパスを実際に利用しているユーザーが、サービス自体の特徴とともにまとめてみました。

ブックパスとは

「ブックパス」は、漫画や雑誌、小説、実用書、写真集など幅広いジャンルの電子書籍を購入したり、定額読み放題で利用できるau公式の電子書籍ストア・サービスです。気に入った電子書籍を単品購入するほかに「読み放題プラン」があり、加入することで対象の電子書籍が読み放題になります。単品購入できるラインナップは40万冊以上。うち4万冊以上(雑誌300誌以上を含む)を読み放題プランで読むことができます。読み放題プランは初回30日間無料お試しが可能。

au公式のサービスですが、auユーザーはもちろん、ドコモやソフトバンクといったau以外のユーザーでも加入し利用することができます。

読み放題プラン「総合コース」と「マガジンコース」の特徴

ブックパス 読み放題 2つのコース

「読み放題プラン」では「総合コース」と「マガジンコース」という2つのコースが提供されています。

総合コース

「ブックパス 読み放題 総合コース」は月額562円+税で加入できる読み放題プランです。

ブックパスで取扱いのある40万冊以上のラインナップの中からコミックや雑誌、小説、実用書、写真集・グラビアなど約4万冊が読み放題対象となります。ラインナップは定期的に入れ替えが行われていて、キャンペーンなどで全巻読み放題が追加されることも。コミックや雑誌だけでなく、趣味・実用書や小説、ラノベ、BL、グラビア写真集、オトナ向けジャンルなども多数ラインナップされています。

豊富なジャンルの電子書籍と雑誌300誌以上というラインナップで月562円+税なので、利用していて非常にコスパが良いと感じます。

特徴

料金:月額562円+税(初回30日間無料)
※無料期間中に解約しても料金はかかりません。

読み放題対象:コミックや雑誌、小説、実用書、写真集など約4万冊
読み放題雑誌は300誌以上

マガジンコース

「ブックパス 読み放題 マガジンコース」は2018年12月に誕生した、月額380円+税で加入できる雑誌に特化した読み放題プランです。総合コースで読める300誌以上の雑誌を、安価に定額で読むことができます。

読み放題対象の雑誌ジャンルはビジネス誌、週刊誌、ファッション誌、コミック誌など多岐にわたります。

特徴

料金:月額380円+税(初回30日間無料)
読み放題対象:雑誌(ビジネス誌、週刊誌、ファッション誌、コミック誌など)
※無料期間中に解約しても料金はかかりません。

マガジンコースは「雑誌」に特化した読み放題プランで、トップページも雑誌を読むことや探すことに最適化された(ジャンル分けなど)、マガジンコース向けの画面レイアウトとなっています。

プランごとの内容比較

 単品購入総合コースマガジンコース
価格作品ごとに異なる月額562円+税月額380円+税
内容電子書籍50万冊以上から、1冊ごとに購入ブックパスで配信中の電子書籍の中から約4万冊が読み放題総合コースで読める雑誌と同じラインナップで300誌以上が読み放題
ジャンルコミック、小説、グラビア、ラノベ、実用書、雑誌など雑誌

他社サービスとの比較

ここまでブックパス読み放題プランの特徴を見てきましたが、電子書籍読み放題サービスはブックパスだけではありません。他社の類似サービスともざっくり比較してみたいと思います。

読み放題総合コースと他社の類似サービスとの比較

サービス内容月額料金
Yahoo!プレミアム雑誌110誌、漫画13,000冊462円+税
ブック放題‎雑誌200誌、漫画20,000冊
500円+税
マガジン☆WALKERマンガ誌、雑誌80誌500円+税
ブックパス雑誌、漫画、書籍など約4万冊562円+税
Kindle Unlimited
雑誌、漫画、書籍など10万冊以上980円

雑誌以外にも読み放題に含まれるサービスとしては、Yahoo!プレミアム会員特典の「雑誌・マンガ読み放題」が月額462円と安く、雑誌110誌以上、マンガ13,000冊以上のラインナップとなっています。「ブック放題」は月額500円で雑誌200冊、マンガ20,000冊、るるぶ100冊が対象。「マガジン☆WALKER」はサービスとしてはちょっと特殊で、読み放題は80誌以上と少なめではありますが、他サービスと異なりマンガ誌、アニメ誌、ゲーム誌、声優誌中心のラインナップとなっています。

ブックパスの読み放題プラン総合コースは、雑誌300誌以上を含めて読み放題対象が40,000冊以上。価格差が小さい中で、雑誌やマンガ以外のジャンルも読むことができます。

Kindle Unlimitedは、Amazonの電子書籍読み放題サービス。月額980円と今回紹介しているサービスの中では最も高額ですが、対象10万冊以上の豊富なラインナップで知らない本に出会える機会も多いサービスとなっています。

読み放題マガジンコースと他社類似サービスとの比較

 雑誌数月額料金
U-NEXT70誌以上1,990円+税
dマガジン200誌以上400円+税
楽天マガジン250誌以上380円+税
ブックパス300誌以上380円+税

雑誌の読み放題プラン「マガジンコース」 は雑誌300誌以上が読み放題。雑誌読み放題サービスで代表的なdマガジンは200誌以上、楽天マガジンは250誌以上となっていて、サービスの使い勝手などの部分も加味しなくてはなりませんが、単純に雑誌のボリュームであれば、ブックパスは充実しているといえます。

また意外と知られていないところでは、動画配信サービスのU-NEXTも雑誌の読み放題サービスを提供しています。U-NEXTは見放題の月額料金に雑誌70誌以上の読み放題も含まれていて、映画やドラマ、アニメ、成人向けコンテンツの見放題に加えて、対象の電子雑誌を読むことができます。

ダウンロードはできる?

プランによって、ダウンロードできる・できない作品は異なります。

 単品購入読み放題プラン
総合コースマガジンコース
雑誌以外の読み放題対象作品の再生・DL××
雑誌の読み放題対象作品の再生・DL×
単品購入対象作品の購入
無料作品の再生・DL

また、ダウンロードできるのはスマートデバイス(スマートフォン・タブレット等)からのみとなり、PCブラウザ上からの読書はすべてストリーミング再生となります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Amazon Music Unlimitedは、月額980円で6,500万曲以上が聴き放題のAmazonの音楽配信サービスです。プライム会員なら月額780円、年間加入なら7,800円で1月あたり650円ともっとお得に。広告なし、オフライン再生、スマートスピーカーEchoシリーズ対応。

アーティストが自身の音楽について語る「Side by Side」も配信中。

Amazon Music Unlimited