【比較】「Prime Reading」サービス概要や読み放題「Kindle Unlimited」との違いについて

Prime Reading」(プライム・リーディング)は、Amazonプライム会員向けに提供される特典のひとつ。追加料金なしで、対象の Kindle 本をスマホやタブレット、PCなどのデバイスで読むことができます。

Amazon の読み放題といえば「Kindle Unlimited」も提供されていますが、「Prime Reading」との違いは?

Prime Reading とは

「Prime Reading」は、Kindle 電子書籍の中から厳選された数百冊の書籍やマンガ、雑誌といったコンテンツを、追加料金なしで利用できる “Amazon プライム会員向け” のサービスです。

Amazonプライム会員であれば追加料金なしで利用可能。逆に言うと、一般会員は「Prime Reading」に加入することはできません。

対象書籍の一覧はこちらから。ラインナップはすべて Kindle Unlimited 対象のタイトルの中から選ばれています。

Kindle Unlimited との違い

Amazon の電子書籍読み放題サービスといえば「Kindle Unlimited」があります。Kindle Unlimited は月額 980 円で提供されており、Amazon の会員であれば誰でも加入可能です。タイトル数は和書が 12 万冊以上、洋書 120 万冊以上。2021年時点で、対象は 200 万冊以上とされています。

 Prime ReadingKindle Unlimited
料金月500円
年4,900円
(Amazonプライム特典)
月980円
対象プライム会員Amazon会員なら誰でも
タイトル数Kindle Unlimited 対象タイトルの中から数百冊
和書 12 万冊以上
洋書 120 万冊以上
対応端末スマートフォン・タブレット・PCブラウザ
(1アカウント最大6台)
お試し期間初回30日
その他Amazonプライム会員特典

「Prime Reading」対象タイトルはすべて「Kindle Unlimited」対象でもあるため、「Prime Reading」はお試し版のような位置づけ。そうはいっても 1,000 冊近いタイトルを読むことができ、ラインナップは定期的に入れ替わるため、追加料金なしの特典としてはなかなかのボリュームです。

「Prime Reading」は「Kindle Unlimited」に含まれるタイトルの中から数百冊を楽しめる、Amazonプライム会員特典です。両サービスとも、同時に10冊までダウンロードして読書を楽しむことができます。Amazonプライム会員で、かつ「Kindle Unlimited」に加入している場合、「Prime Reading」と「Kindle Unlimited」とで 20 冊までダウンロードしておくことができます。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible