コナミの2015年3月期第1四半期業績、ゲーム・カジノ関連が好調で増収増益を達成

コナミは5日、2015年3月期の第1四半期業績(2014年4-6月)を発表しました売上高は前年同期比+6.6%の486億600万円、営業利益は31億9100万円(+113.5%)、四半期純利益は13億6100万円(+45.6%)でした。デジタルエンタテインメント事業やカジノ事業の好調、遊技機事業の売り上げ拡大により、増収増益を達成しています。

デジタルエンタテインメント事業

主力事業である、家庭用ゲームソフトを含むデジタルエンタテインメント事業の売上高は、前年同期比+2.1%の204億2000万円で、営業利益は33億7300万円(+101.1%)でした。

モバイルゲームでは『ドラゴンコレクション』、『戦国コレクション』、『プロ野球ドリームナイン』シリーズ、「ワールドサッカーコレクション』シリーズ、『クローズ×WORST』シリーズ等が堅調に推移し、収益に貢献。『Star Wars: Force Collection (スター・ウォーズ フォースコレクション)』や、『PES MANAGER』『実況倶楽部』(海外版『ワールドサッカーコレクションS』)も順調に登録者数を伸ばしているとのこと。

家庭用ゲームソフトでは『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』のリピート販売が好調だったほか、国内ではW杯向けの『ワールドサッカーウイニングイレブン2014 蒼き侍の挑戦』が発売されました。

ソフト販売本数は129万本で、前年同期比+25.2%と改善。日米欧主要地域の売り上げも増加しました。ジャンル別ではサッカー(39万本→42万本)とメタルギア(19万本→57万本)が伸ばしています。

その他、健康サービス事業は売上高179億5300万円に対して7500万円の営業損失、カジノ事業は売上高68億1700万円に対して12億7500万円の営業利益、遊技機事業は売上高37億7300万円に対して営業損失4億2700万円でした。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。