任天堂が7月30日に発表した2019年4-6月期の売上高は、Nintendo Switchハード・ソフトが好調で2%増の1721億円でした。一方、販管費や研究開発費の増加で営業利益は10%減の274億円でした。為替差損が120億円発生したことで、経常利益は49%減の222億円、純利益も46%減の166億円でした。

Nintendo Switchは6月の新作『スーパーマリオメーカー2』が242万本を突破。また3年目となる『マリオカート8 デラックス』が120万本(累計1,789万本)と引き続き好調でした。4-6月はこの2作品がミリオンセールスを達成。その他のソフトも販売を伸ばし、ソフト販売数は前年同期比26%増の2,262万本でした。ハードウェアの販売数は13%増の213万台でした。

ニンテンドー3DSは45%減の20万台、ソフトは50%減の148万本でした。

デジタル売上高は65%増の306億円。モバイル・IP関連収入等の売上高は10%増の100億円でした。

  • ニンテンドー3DS : 56億7800万円(▲51%)
  • Nintendo Switch : 1526億4300万円(+18%)
  • その他 : 33億600万円(▲81%)
    ※ニンテンドー3DS、Nintendo Switch以外のゲームプラットフォームやamiibo、バーチャルコンソール等
  • モバイル・IP関連収入等 : 100億500万円(+11%)
    ※スマートデバイス向け課金収入、ロイヤリティ収入等
  • その他(トランプ他) : 4億7500万円(▲12%)

第2四半期以降のNintendo Switchは、7月に『ファイアーエムブレム 風花雪月』が発売されたほか、8月には『ASTRAL CHAIN』、9月は『ゼルダの伝説 夢をみる島』、10月は『ルイージマンション3』、11月は『ポケットモンスター ソード・シールド』と毎月有力タイトルが登場。2020年3月には『あつまれ どうぶつの森』も登場予定です。

またハードでは9月に携帯モード専用のNintendo Switch Liteが発売予定。現行スイッチも、バッテリー持ちが改善されたモデルに置き換えられます。任天堂が中心となり、勢いが持続しているスイッチのさらなる普及拡大を目指します。

スイッチのビジネスとしては中国展開もいよいよ開始予定。8月2日、任天堂は中国市場向け展開で組んでいるテンセントと共同で、プレスカンファレンスを実施予定。年内にローンチもあるでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible