楽天×ビックカメラ、新サービス「楽天ビック」提供へ向け新会社設立。ネット通販でも実店舗でも連携強化

楽天とビックカメラは、家電分野を中心とした、より利便性の高いショッピング体験を提供することを目的として、新会社を設立しました。サービスの提供は2018年4月開始予定。

楽天とビックカメラ、オンラインとオフラインの垣根を越えた新サービス「楽天ビック」提供へ

ビックカメラは現在、楽天市場内に「ビックカメラ楽天市場店」として出店していますが、インターネット通販の家電販売全般において、

  • 生活必需品のため迅速な配送に対応して欲しい
  • 大型家電の設置を依頼したい
  • 店頭で実物を確認しながら専門スタッフにメンテナンスや使い方の相談をしたい

といったニーズが高まっていることから、楽天とビックカメラは両社の強みを活かし、より利便性を高めたインターネット通販サービスを提供すべく、新会社の設立に至ったということです。

新会社は「ビックカメラ楽天市場店」の基盤を引き継ぎながら「楽天ビック」として「楽天市場」内にに出店。ビックならではの価格と幅広い品揃えに加えて、楽天とビックカメラ両社で連携し、独自商品の開発も検討し、「楽天ビック」やビックカメラグループで販売します。

また、インターネット通販でありながら、スムーズな設置工事を依頼できるサイトも構築していくということです。ネット通販の場合、大型家電の購入後のサポートが不安なこともありますから、サポートが充実することで利用しやすくなりそうです。

さらに配送に関しても、ビックカメラの物流拠点を活用した当日配送を含むサービスの充実だけでなく、物流面における両社のさらなる協業深化も視野に入れ、物流・配送の効率化、および付加価値の高いサービス提供を推進していきます。

オンラインとオフラインの連動も強化、ビックカメラ店舗が「楽天スーパーポイント」に対応

オンラインとオフラインの連動も強化。

「楽天ビック」のサイト上で、ビックカメラの実店舗における商品在庫を確認したり、「楽天ビック」で購入した商品をビックカメラの実店舗で受け取ることのできるサービスも提供予定。

またビックカメラの実店舗では「楽天スーパーポイント」が貯まる・使えるようになります。

楽天はリリースの中で、“楽天とビックカメラは今後も協業を深め、インターネット通販と実店舗のシームレスな連携強化を進めるだけでなく、「楽天ビック」の運営を越えて幅広い協業について引き続き協議していく” としています。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。