アメリカのブランドコンサルティング大手のInterbrandが9日、2014年版の世界ブランドランキング「Best Global Brands」を発表しました。トップ6は昨年と変わらず、+20%と数字を伸ばしたトヨタが日本企業としては最高の8位に入りました。

日本企業でトップ100入りしたのは、トヨタの他ホンダ(20位)、キヤノン(37位)、ソニー(52位)、日産(56位)、パナソニック(64位)、任天堂(100位)の7社。

任天堂は前年から33%ダウンし、67位から100位へ後退。

首位は2年連続でApple。ブランド価値が21%上昇し、2位のGoogle(+15%)を引き離しています。

Interbrandの世界ブランドランキングは、世界規模で事業を展開している企業を対象に、財務やブランドが消費者の購買意思決定に及ぼす影響力、競争力などを評価して金額に換算したもの。

上位20社は以下の通りです。100位全てはリンク先から確認できます。

2014 – Best Global Brands Top 20

  1. アップル
  2. グーグル
  3. コカ・コーラ
  4. IBM
  5. マイクロソフト
  6. GE
  7. サムスン
  8. トヨタ
  9. マクドナルド
  10. メルセデス・ベンツ
  11. BMW
  12. インテル
  13. ディズニー
  14. シスコ
  15. アマゾン
  16. オラクル
  17. ヒューレット・パッカード
  18. ジレット
  19. ルイ・ヴィトン
  20. ホンダ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で