GfKによる最新のUKチャート(2014年11月2日~11月8日週)が発表されました。『FIFA 15』の連続首位に終止符を打ったのは、新章を迎えた『CoD』シリーズ最新作の『Call of Duty: Advanced Warfare』でした。

『CoD: AW』は『Destiny』の影響も懸念される中、貫禄の1位スタートを記録。シリーズ全体では5番目の初週販売数で、昨年の『Call of Duty: Ghosts』を上回る出足となりました。さらに、今年チャートトップを飾ったFPSタイトル3作品(Titanfall、Destiny、Wolfenstein)の初週合計を約14%上回る数字となっている事もあわせて報告されています。

『FIFA 15』は前週比-20%で1ランクダウンの2位。発売からの連続首位記録は6週でストップしてしまいました。3位にはセガの『Football Manager 2015』が初登場。2位3位がサッカータイトルに。4位にジャンプアップしてきたのは再びセガタイトルの『Alien: Isolation』。セール効果で先週13位から9ランク浮上。5位はActivisionから『Destiny』でした。Activisionタイトルは『Skylanders Trap Team』も2ランクアップして7位に入るなど人気。

トイ連動ゲームでは『Disney Infinity 2.0』も12位につけています。

任天堂関連タイトルの動向

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』が先週と変わらず17位につけ、これが任天堂ソフトとしては最高順位。『トモダチコレクション 新生活』は3ランクアップの19位、『マリオカート8』は13ランクアップして22位でした。また、37位に『New スーパーマリオブラザーズ U』が返り咲いています。

UKチャート トップ20: 2014.11.2~11.8

  1. CALL OF DUTY: ADVANCED WARFARE – ACTIVISION **NEW
  2. FIFA 15 – EA GAMES (-20%)
  3. FOOTBALL MANAGER 2015 – SEGA **NEW
  4. ALIEN: ISOLATION – SEGA (+120%)
  5. DESTINY – ACTIVISION (+3%)
  6. MINECRAFT: PLAYSTATION EDITION – SONY COMPUTER ENT. (-41%)
  7. SKYLANDERS TRAP TEAM – ACTIVISION (+6%)
  8. SUNSET OVERDRIVE – MICROSOFT (-61%)
  9. THE EVIL WITHIN – BETHESDA SOFTWORKS (-44%)
  10. MINECRAFT: XBOX EDITION – MICROSOFT (+9%)
  11. FORZA HORIZON 2 – MICROSOFT
  12. DISNEY INFINITY 2.0 – DISNEY INTERACTIVE (+10%)
  13. WWE 2K15 – 2K SPORTS
  14. MIDDLE EARTH: SHADOW OF MORDOR – WARNER BROS. INTERACTIVE
  15. WATCH DOGS – UBISOFT
  16. ASSASSIN’S CREED IV: BLACK FLAG – UBISOFT
  17. SUPER SMASH BROS. – NINTENDO
  18. LEGO THE HOBBIT – WARNER BROS. INTERACTIVE
  19. TOMODACHI LIFE – NINTENDO
  20. FROZEN: OLAF’S QUEST – GSP/AVANQUEST

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で