頻繁にアップデートが行われる事もあり、たびたび再生出来なくなる問題が発生するWii Uのインターネットブラウザーを経由するYouTube視聴ですが、ブラウザの設定を少し変更することで、これを解決することができます。

アプリではなく、Wii Uのインターネットブラウザーを利用してブラウザ経由でYouTubeサイトを開くと、PC用のレイアウトが表示されます。ここから動画を見ようとしても、動画によっては「この動画は、お使いの端末ではご利用いただけません。」と表示され、再生出来ないことがたびたび起こります。

この現象は、システムバージョン「4.0」、ブラウザバージョン「2.0」で実装された「ユーザーエージェントの切り替え」を行うことで回避することが可能です。

UA ユーザーエージェントとは

ユーザーエージェントをWikipediaで調べてみると、

ユーザーエージェント (User agent、略称UA(ユー エー))とは、利用者があるプロトコルに基づいてデータを利用する際に用いるソフトウェアまたはハードウェアを指す。「利用者エージェント」とも言う。

ユーザーエージェント – Wikipedia

なんていう難しい説明がありますが、ざっくり言うと、ユーザーエージェント(User-agent、UA)は自分がどのWebブラウザからアクセスしているかを相手のサイトに知らせるもので、ウェブサイト側はこのUAを見て、PC用のレイアウトを表示したり、スマホ向けのレイアウトを表示にしたりと見せ方を振り分けたりできるんですね。

この機能を利用して、Wii Uブラウザで閲覧出来ない問題を回避します。

Wii U インターネットブラウザーのユーザーエージェントを切り替える

Wii Uブラウザのユーザーエージェントは、設定から簡単に切り替えることができます(バージョン「2.0」以降の場合)。

UA を切り替える方法

Wii Uブラウザのスタートページ右上の設定ボタンをタップし、スクロールしていくと、下の方にユーザーエージェントの切り替えがあるので選択。

Wii UやWii、3DSをはじめとして様々なブラウザ等が表示されますが、PC用レイアウトの表示を回避するため、モバイル端末の「Android」「Android – Tablet」「iPad」「iPhone」を選択しましょう。「iPad」「iPhone」がオススメ。

その後YouTubeへアクセスすると、選択したユーザーエージェントに沿ったレイアウトで表示され、動画も再生されます。

  1. Wii U ブラウザのスタートページ右上にある設定ボタンをタップ。下の方へスクロールするとあるユーザーエージェントの切り替えを選択
  2. PC用レイアウトにならないよう、モバイル端末(Android や iPad、iPhone)を選択
  3. 動画配信サイトへ戻って、モバイル用のレイアウトで表示されるかどうかを確認し、動画を選択

YouTube 以外の動画サイトでも

Wii U ブラウザはある程度高性能で、最新のWeb技術を想定したものになっています。

なので、UAを切り替えて他の動画配信サービスへアクセスすると、通常Wii UブラウザではFlash未実装の関係で再生不可と判断されていたサイトの動画も、例えば iPhone や iPad に対応しているサービスであれば、Wii Uから視聴することが出来る場合があります。

利用は自己責任で

とはいえ、切り替えの際に任天堂からの注意書きがあるように、ユーザーエージェント切り替え後の事象に対しては任天堂の保証およびサポートはありません。利用については自己責任でお願いします。

Googleが直接起動できるYouTubeアプリをもっと使いやすくアップデート、なんならWii Uのブラウザで閲覧時にはタブレット用レイアウトで表示するようにしてくれるだけでも十分なのですけれどね。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly