26日20時から「ピクミン3 Direct 2013.6.26」が配信され、任天堂公式による宮本茂×松本人志対談が実現しました。


ダイレクトでは、ゲームプレイを交えながら対談が展開。松本氏が『ピクミン3』を実際に体験し、宮本氏が横から説明するという形でストーリーモード序盤とミッションモードが紹介されました。ゲームに熱中するあまり、「一人でやりたい。宮本さんもいなくてもいい」なんて仰天発言も。確かにね。

ストーリーモードはキャプテンのチャーリーとアルフのパートをプレイ。チャーリーは黄ピクミンと、アルフは赤ピクミンとすぐに出会い、基本操作や橋の材料運びといったチュートリアルを進めることになります。

海外サイトでの情報にもあったように、宮本氏は『ピクミン3』について、「『1』の考え方を今風に仕上げていこう」という考えの下で開発したと説明。難易度についても、スコアを上げようと思えば難しくもなるし、気にしなければ割と気持ちよく遊べる、かなり自由になっていると紹介されました。

『4』はいつになるの?

対談途中で、『4』はいつになるの?という『3』発売前ながら早くも新作についての質問がっ。これについて宮本氏は「5年くらいあとに…」と苦笑。期待しましょう!

ミッションモードプレイ時は、今回追加された岩ピクミンと羽ピクミンが登場。羽ピクミンは戦闘能力が低く、攻撃が苦手なことが判明しました。

ピクミン3 Direct 2013.6.26

最後に松本氏から宮本ゲーム、ひいては任天堂ゲームの魅力について言及。プレイヤー自身に経験値が貯まっていく、これはインタラクティブなゲームメディアならではの魅力で、宮本ゲームは特にそれを意識していると。

「他のことをやっていて、あれっ?ていう時があって、すごい家に帰りたくなる」というゲーマー視点。宮本氏も「そういうものをなんとか作り続けられないかなって」と、そういうゲーム作りを目指してきたしこれからも作りたいと返答しています。

〆は宮本氏の引退とピクミンを絡めてオチをつける、随所に松ちゃんの芸人らしさ、そしてピクミンファンぶりが見える、あっという間の20分でした。オチの話も『1』のバッドエンド的な要素もありましたし。2人のビンゴバトルとか、もっと長い時間見ていたかったですね。

ピクミン3 / 任天堂
ピクミン3
メーカー: 任天堂
開発: 任天堂
ジャンル: AIアクション
発売日: 2013年7月13日
対応: ニンテンドーネットワーク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で