[Wii] RPGの1つの到達点をWiiで示した傑作『ゼノブレイド / 任天堂(2010)』クリア後の感想

ワイルドダウンッ!

『ゼノ○○』シリーズのモノリスソフト開発による、Wii用RPG『ゼノブレイド 』です。いやあ、やっとクリア出来ました。プレイ時間が長めなことと、至る所で絶賛されすぎなことで逆に敬遠していたんだけど、買って、そしてどハマリ。いやあ、噂に違わぬ出来、そしてすんごいボリューム。クリアまでにこれだけ時間がかかったのはドラクエ7以来だろうか。ロープレの美味しいところをふんだんに採用した良RPGでした。

広い!ボリューム半端ない!

巨神と機神という人型の2つの神様の骸を舞台にした、シームレスで広大なフィールドと息吹を感じる背景グラフィック。主人公シュルクの、モナドを巡る冒険、これでもかとクリアしても起こり続けるクエスト、緊張感のある戦闘、アイテムや会話のコレクション要素…etc。本当にすごいボリュームで、攻略ページを見ないととても回りきれない。

序盤でも主人公達とはかなりレベル差のある強力なモンスターが普通にうろついていたりして、迂闊に戦闘を挑んだり、気付かれてしまうと瞬殺されます。優しさを見せないこの緊張感はかなり好きですね。ただし逆にこちらが相手のレベルを越えていくと、戦闘を仕掛けてこなくなったり、レベル差補正で余裕勝ちしちゃったり。

移動や時間変更も便利

広いマップを徒歩で巡っていくわけですが、一度ランドマークを見つけると、次からはその地点にワープで移動出来るようになります。おかげで広さはさほど苦にならない。それどころか、ロケーションや秘境と呼ばれるポイントを発見すると経験値などがもらえるご褒美があるので、端まで探索したくなるんですね。しかも、同一エリア内での移動ではロード無しという素晴らしい快適さ。こんなに広いのに。

時間の概念もあるんだけど、ここもプレイヤーが自由に弄れちゃいます。時間限定のクエストもあるんだけど、コントローラを放置して経過を待つこともありません。天気の変更まではさすがに出来ないんだけどね。

気になるマイナス点も

しかしキャラデザインの設定画は悪くないのに、ポリゴンモデルはなんだか微妙です。口角下がりまくりで不細工な口とバランス悪い目の大きさ。そこと管理が面倒なUI部分だけは本当に、本当に、残念。どうにかならなかったのかな。

他の任天堂セカンド作品でもあることだけど、メニュー周りがいまいち洗練されておらず、直感的じゃないし、目的の箇所までボタンを回数が多い。ソートもかゆいところに手が届き切らなくてね。

とはいえ、再び任天堂とモノリスが本気で取り組んだRPG。雑な部分を差し引いても面白くて楽しめます。全部を楽しもうとすると長すぎて、最後はちょっと飽きが出てしまったけれどね。それでもエンディングはちょっと感動しました。綺麗だったなあ。Wii持ちでRPG好きならやらないと勿体ない。是非。

Xenoblade ゼノブレイド
メーカー:任天堂
ジャンル:RPG
発売日:2010.06.10
希望小売価格:6,800円(税込)
プレイ人数:1人
対応コントローラ:Wiiリモコン+ヌンチャク、クラシックコントローラ

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible