Nintendo Switch 対応ソフトとして、 Ubisoft から発表されている『Steep』。広大なオープンワールドで描かれるアルプス山脈の山々を舞台にしたこのウインタースポーツゲームは、Nintendo Switch 対応が発表されて以降、なかなか続報が到着せず、開発が難航している、あるいはキャンセルされたのではとの噂も報じられていますが、Ubisoft の開発者がこれを否定。開発は今も続いていることが明らかになりました。

開発者の1人が Twitter で、ファンからの質問に対して回答。それによると、沈黙が続く Nintendo Switch 版『Steep』はキャンセルではなく、開発が続けられており、現在はフレームレートの調整など最適化段階にあります。

Ubisoft の初期発表では、Switch 版『Steep』は「アラスカ」DLCも含めて他プラットフォームと同様の体験が待っているという話が出ていました(オリンピックDLCは不明)。

Wii U で『アサシン クリード』や『スプリンターセル ブラックリスト』、そして『ウォッチドッグス』といったタイトルを、Wii U GamePad の2画面を活用した Wii U ならではの体験を付加して移植してきた彼らなだけに、『Steep』に関しても無謀なプランは立てていないとは思いますけれど。噂は噂として気になるところではありますが、ただ今のところ、Nintendo Switch 版の発売日は未定です。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly