先週、任天堂アメリカから NPD の集計にもとづいた Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) 関連の初月販売実績が報告されましたが、改めて3月の米国ゲーム市場レポートが NPD グループから到着。非常に好調なローンチとなった Switch の貢献もあり、総売上は前年比24%増の13億6000万ドルを達成しました。

ソフトウェア:売上トップは『Ghost Recon: Wildlands』

ソフトウェア販売は前年同月比5%増の6億1200万ドル。PCソフトウェアは25%減の2900万ドルでした。月間販売トップは Ubisoft の『Tom Clancy’s Ghost Recon: Wildlands』が獲得。『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は2位でした。

Ghost Recon: Wildlands はシリーズ最高の滑り出し

1位を獲得した『Ghost Recon: Wildlands』は、『Ghost Recon』として過去最も好調な出足を見せました。また『トム・クランシー』冠タイトルとして見た時には、2016年の『The Division』に続いて過去2番目に好調なローンチとなっているということです。

3位に入った『Mass Effect: Andromeda』は『3』に次ぐシリーズ2位のローンチを記録。また4位に入った『Horizon: Zero Dawn』は Guerrilla Games 開発タイトルとしては過去最大、これまでトップだった『Killzone: Shadow Fall』の2倍の売上を記録しました。

Nintendo Switch 用ソフトのパッケージ版販売数は130万本

NPD によると、Nintendo Switch 用ソフトの販売本数(パッケージ版)は初月130万本。この数字は任天堂プラットフォームの立ち上がりとしては過去最高の記録で、Switch 版『ゼルダの伝説 BotW』はパッケージ版のみで90万本以上を販売し、ハードに対する装着率は99%に達しています。

1995年に NPD が販売データのトラッキングを開始して以来、ハード同梱ソフトを除けば最も高い装着率となりました。

なお、先日の NoA の報告によれば、DL 版も含めた Switch 版『ゼルダの伝説 BotW』の初月販売総数は92.5万本で、ハード装着率100%を上回りました。

『1-2-Switch (ワンツースイッチ)』は13位にランクイン。装着率は19%でした(約17万本)。また久しぶりに家庭用ゲーム機向けに発売された『スーパーボンバーマン R』も17位に入りました。

『ゼルダの伝説』は米国で、1987年以来の歴史があるシリーズ。NPD のトラッキングデータでは、ゼルダフランチャイズのパッケージ版売上は、1995年から現在までに14億ドル弱。歴代アドベンチャージャンルのゲームの中でも最も人気のあるシリーズで、次に続く『バイオハザード』を54%上回っています。

2017年3月:US 月間チャート 総合トップ20

  1. Tom Clancy’s Ghost Recon: Wildlands
  2. ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド*
  3. Mass Effect: Andromeda
  4. Horizon Zero Dawn*
  5. MLB 17: The Show*
  6. Grand Theft Auto V
  7. For Honor
  8. NBA 2K17
  9. Nier: Automata (ニーア オートマタ)
  10. Call of Duty: Infinite Warfare
  11. キングダム ハーツ HD 1.5+2.5 リミックス
  12. Battlefield 1
  13. 1-2 Switch (ワンツースイッチ) *
  14. バイオハザード7 レジデント イービル
  15. Overwatch
  16. Tom Clancy’s Rainbow Six: Siege
  17. スーパーボンバーマン R*
  18. FIFA 17
  19. Lego Worlds
  20. Madden NFL 17

*デジタル販売を含まず

Xbox One チャート

  1. Tom Clancy’s Ghost Recon: Wildlands
  2. Mass Effect: Andromeda
  3. For Honor
  4. NBA 2K17
  5. Grand Theft Auto V
  6. Call of Duty: Infinite Warfare
  7. Battlefield 1
  8. Halo Wars 2
  9. Overwatch
  10. Forza Horizon 3

PlayStation 4 チャート

  1. Tom Clancy’s Ghost Recon: Wildlands
  2. Horizon Zero Dawn*
  3. Mass Effect: Andromeda
  4. MLB 17: The Show*
  5. キングダム ハーツ HD 1.5+2.5 リミックス
  6. Nier: Automata (ニーア オートマタ)
  7. Grand Theft Auto V
  8. NBA 2K17
  9. For Honor
  10. Call of Duty: Infinite Warfare

Nintendo Switch チャート

  1. ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド*
  2. 1-2 Switch*
  3. スーパーボンバーマン R*
  4. Just Dance 2017*
  5. The Binding of Isaac: Afterbirth +*
  6. Skylanders: Imaginators*

Wii U チャート

  1. ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド*
  2. ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD*
  3. 大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U*
  4. Minecraft: Wii U Edition*
  5. ペーパーマリオ カラースプラッシュ*
  6. ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT*
  7. New スーパーマリオブラザーズ U + New スーパールイージ U*
  8. スーパーマリオメーカー*
  9. ヨッシー ウールワールド*
  10. Splatoon*

携帯型ゲーム機 チャート

  1. ポケットモンスター サン*
  2. ポケットモンスター ムーン*
  3. スーパーマリオメーカー for Nintendo 3DS*
  4. ポチと!ヨッシー ウールワールド*
  5. マリオスポーツ スーパースターズ*
  6. 牧場物語 3つの里の大切な友だち*
  7. 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS*
  8. マリオカート7*
  9. ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D*
  10. New スーパーマリオブラザーズ 2*

2017年:US 年間チャート (1-3月)

  1. Tom Clancy’s Ghost Recon: Wildlands
  2. For Honor
  3. ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
  4. Resident Evil 7: Biohazard
  5. Mass Effect: Andromeda
  6. Grand Theft Auto V
  7. Horizon Zero Dawn
  8. Call of Duty: Infinite Warfare
  9. NBA 2K17
  10. Battlefield 1

ハードウェア:Switch の貢献もありほぼ倍増

ハードウェア販売は前年同月比91%増の4億8500万ドルとほぼ倍増。

初月90万台以上を販売し、任天堂ハードのローンチ記録を更新した Nintendo Switch 売上が拡大に貢献しました。Switch 以前、過去の任天堂ハードで最も勢いがあったのは2001年に発売されたゲームボーイアドバンスで、Switch は今回、その記録を3万1000台更新したということです。

周辺機器・アクセサリ:PROコンやゼルダ関連 amiibo が好調

周辺機器・アクセサリの売上高は前年同月比9%増の2億3100万ドルでした。Nintendo Switch 販売の影響はこのカテゴリにも出ており、Switch 関連で全体の4分の1を占めました。「Nintendo Switch Pro コントローラー」はコントローラ部門の販売トップで、その結果、部門売上は前年同月比で26%の増加を見せました。

ゼルダ amiibo が4割以上を占め、amiiboの売上増に貢献

また、このところ低迷していたインタラクティブトイ(Toys-to-Life)ですが、『ゼルダの伝説』関連により一部で復調。全体では前年同月比38%減と縮小が続いているものの、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のキャラクターが部門全体の売上の43%を占めるなど好調で、『amiibo』の売上は前年同月比で56%増となりました。

2017年3月:米ゲーム市場売上高

  • ハードウェア:4億8500万ドル(前年同月比+91%)
  • ソフトウェア:6億1200万ドル(+5%)
  • PCソフトウェア:2900万ドル(▲25%)
  • 周辺機器・アクセサリ:2億3100万ドル(+9%)
  • 総売上:13億6000万ドル(+24%)

マイクロソフトがデジタルパネルに追加

なお、昨年6月の集計データから一部デジタル販売分の集計が始まっている NPD ですが、新たにマイクロソフトが加わり、今後は同社のデジタル販売分も集計に含まれるということです。その他のデジタルパネル参加社には、Activision Blizzard、EA、Take-Two、Warner Bros.、Ubisoft、Deep Silver、バンダイナムコ、スクウェア・エニックス、カプコンといったメーカーが名を連ねています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で