3月3日に世界同時発売された任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」。ファミ通調べによると、国内の推定初週販売台数(3月3 〜 5日の3日間)は33.1万台*でした。ローンチタイトルで最も売上が大きかったのは『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』で19.3万本(ダウンロード版を含まず)。

概ね予想通りの数字で着地した Nintendo Switch の国内ローンチ。任天堂の過去据置ゲーム機の数字を見ると、年末商戦期に発売された前世代機 Wii U は30.9万台、前々世代機の Wii は37.2万台でした(いずれも土日2日間集計)。

発売時期の近いハードを見ていくと PlayStation 4 は32.2万台、ニンテンドー3DSは37.1万台でした(両機種とも土日2日間集計)。

任天堂は Nintendo Switch を、2017年3月末までに世界200万台出荷する計画。初回出荷の大半は予約注文分で、ほぼすべての店舗・通販サイトで完売の人気となっています。

※ファミ通から正式に速報が発表されたため数字を修正。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で