マリカー風公道カートは無許可のものでした。

任天堂は24日、人気カードゲーム『マリオカート』の権利が侵害されているとして、公道カートのレンタルサービスを行う株式会社マリカーおよびその代表取締役を著作権侵害などで提訴したと発表しました。

任天堂、公道カートのレンタルサービス会社を提訴

任天堂は24日、株式会社マリカーおよびその代表取締役に対して、不正競争行為および著作権侵害行為の差止等、およびそれら行為から生じた損害賠償を求める訴訟を、2月24日付で東京地方裁判所に提起したと発表しました。マリカー社は公道カートのレンタルサービスを行い、その際、マリオなど任天堂の著名キャラクターのコスチュームのレンタルも行っています。

任天堂が「不正競争行為・著作権侵害行為に該当する」としてリリースの中で主張しているのは大きく2点。

この被告会社が公道カートのレンタルサービスを提供するにあたって、任天堂の人気カートレースゲームシリーズである『マリオカート』の略称「マリカー」という標章をそのまま会社名等として用いていること。

さらに、公道カートをその顧客にレンタルする際、「マリオ」など任天堂の著名キャラクターのコスチュームもあわせて貸し出すなどした上、そのコスチュームが写った画像や映像を任天堂の許諾を得ることなく宣伝・営業に利用していること。

これらの行為が、任天堂に対する不正競争行為および著作権侵害行為に該当するということです。

任天堂は「長年の努力により築き上げてきた当社の大切な知的財産を保護するために、今後も継続して断固たる措置を講じていく所存です」と、権利侵害に対して厳しい態度で臨む姿勢を示しています。

それにしても、マリカー風の公道カートは、いまや都内だけでなく至る所で目にする機会がありますが、まさかの無許可。それでいて、あんなに堂々と運営していたとは驚きました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で