バイオハザード7 レジデント イービル

NPDグループから2017年1月の米ゲーム市場規模が報告され、月間1位を獲得した『バイオハザード7』効果により、ソフトウェア販売が前年同月比で14%増の3億1250万ドルを達成したことが明らかになりました。その他の部門は前年割れとなり、全体では4%減の6億1070万ドルでした。

ソフト:バイオ7が初登場首位を獲得、KH2.8も登場

ソフトウェアは前年同月比14%増の3億1250万ドルを販売。カプコンの『バイオハザード7』が発売から5日で月間1位を獲得しています。カプコンタイトルが月間1位を獲得したのは、2009年3月の『バイオハザード5』以来のことだということです(金額ベースのランキング)。

NPDによると今年1月は他の上位タイトルのパフォーマンスも良く、トップ5ゲームに対する支出額は昨年1月のそれよりも17%多かったとのこと。6位には『キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ』も登場しています。

「カタログ販売」区分がスタート

NPDはまた、今月からカタログ販売の区分の集計をスタート。最近は各パブリッシャーの決算発表の場でも、旧作のリピート販売が好調であることが度々報告されていますが、NPDでも「カタログ販売」の指標が導入されました。

ここには発売から7ヶ月目以降のタイトルが含まれ、この基準に照らし合わせると、2017年1月にパブリッシャー第1位だったのは、『GTA V』がまだまだ好調な Take-Two だったということです。Take-Two はまた、2016年年間でもカタログ販売1位に立っています。

2017年1月 月間 U.S. チャート

  1. バイオハザード7 レジデント イービル – カプコン
  2. Call of Duty: Infinite Warfare – Activision Blizzard
  3. Grand Theft Auto V – Take-Two Interactive
  4. Battlefield 1 – Electronic Arts
  5. NBA 2K17 – Take-Two Interactive
  6. キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ – スクウェア・エニックス
  7. Madden NFL 17 – Electronic Arts
  8. Watch Dogs 2 – Ubisoft
  9. Overwatch* – Activision Blizzard
  10. FIFA 17 – Electronic Arts

*Battle.net の売上を含まず。
(販売金額ベース)

ハード:PS4が牽引、 ミニファミコンも人気

ハードウェアは前年同月比で19%ダウンの1億2710万ドルと大きく落ち込みました。

販売トップは PlayStation 4 で、これで4ヵ月連続首位の座を守っています(台数ベース)。『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』を同梱した500GBモデルが引き続き人気で、台数ベースで最も売れたハードでした。

PS4にリードされてはいるものの、Xbox One も好調な1月を過ごしました。マイクロソフトは過去最高の1月を記録したと発表。ただ、ソニーとMSともに好調のようですが、ハードの平均販売単価が下落しているため、市場規模としては大幅なマイナスとなりました。

任天堂の『Nintendo Entertainment System: NES Classic Edition (ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューター)』はホリデーシーズンからの人気が持続。1月第3位の人気ハードだったということです。

周辺機器・アクセサリ

周辺機器・アクセサリ類の売上高は17%減の1億5500万ドル。「Toys-to-Life」人気が落ち着いた影響もあり、ハードと同じく減少傾向が続いています。

2017年1月 米ゲーム市場規模

  • ハード:1億2710万ドル(前年同月比▲19%)
  • ソフト:3億1250万ドル(+14%)
  • PCソフト:1610万ドル(▲12%)
  • 周辺機器・アクセサリ:1億5500万ドル(▲17%)
  • 全体:6億1070万ドル(▲4%)

集計期間:2017年1月1日〜1月29日

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly