NPDグループが2016年11月のアメリカビデオゲーム市場動向を報告。

ニンテンドー3DS用ソフト『ポケットモンスター サン・ムーン』がシリーズ過去最高の滑り出しとなったり、ミニファミコンが好調な売上を見せたり、また PlayStation 4 Pro が発売されるなど好材料がいくつかあったものの、市場総規模は2015年11月と比較して24%ダウンと大幅に縮小。20億ドルを割り込み、11月としては過去5年で最も少ない売上高となりました。

ソフトウェア:合算ならポケモン サン・ムーンがトップ

ソフトウェア市場は前年同期比で18%減の9億5520万ドルを販売。PCソフトは28%減の2750万ドルでした。

昨年11月トップ3の『Call of Duty: Black Ops III』『Fallout 4』『Star Wars: Battlefront』がすべて11月の新作かつフルプライスタイトルだったのに対し、今年は2位の『Battlefield 1』が10月タイトル。『ポケットモンスター』は携帯機向けの低価格ソフトであるため、販売金額としては伸び悩みました。

4位以下のタイトル全体では前年同期比12%プラスとなっており、トップ3のパフォーマンスの違い(前年同期比で43%ダウン)が響きました。

また1位の『CoD: IW』もシリーズ売上としては苦戦しており、UKと同じく『CoD: BO3』と比較して半減しているとの調査報告も出ています。

『ポケモン サン・ムーン』はシリーズ歴代最高の初月セールス、3DSソフト市場も過去最高を更新

『ポケットモンスター サン・ムーン』は、2013年の『ポケットモンスター X・Y』と比較して集計期間が19日短かったものの、販売本数は8%上回りポケモンタイトルとして歴代最高の初月セールスとなりました。

月間チャートはタイトルごとの集計となっているため3位4位にとどまりましたが、2バージョンを合算した場合は『CoD: IW』を上回り月間チャート1位だったということです。

ポケモン効果で3DSソフト市場も過去最高を更新。『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』や『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』がヒットし、これまでの最高売上だった2014年12月を1%上回りました。

2016年11月 月間 U.S. チャート

  1. Call of Duty: Infinite Warfare
  2. Battlefield 1
  3. ポケットモンスター サン*
  4. ポケットモンスター ムーン*
  5. Titanfall 2
  6. NBA 2K17
  7. Madden NFL 17
  8. Watch Dogs 2
  9. The Elder Scrolls V: Skyrim*
  10. FIFA 17

*デジタル販売分を含まず

ハードウェア

ハード市場は前年同期比35%減の7億2300万ドル。値下げ等により販売単価が下がっていることで大幅な減少となりました。

そうした中、北米ファン待望の PlayStation 4 Pro が発売されたことで PS4 が盛り返し、Xbox One を抜いて2016年6月以来、5ヶ月ぶりにコンソール販売トップに立ちました。『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』を同梱する PS4 Slim 500GB が全ハード販売の3割を占めるなど存在感を示しました。

任天堂プラットフォームもポケモン効果で 3DS ハード販売が急増。2015年11月と比較して59%増を記録し、7月から6ヶ月連続で前年比プラスが続いています。

また「ミニファミコン」こと「NES Classic Edition」は初月19.6万台を販売したということです。意外なことに、ミニファミコンに対してより熱狂的な反応を見せていたアメリカ市場のほうが、日本よりも初月の出荷台数が少なかったようです。

周辺機器・アクセサリ

周辺機器・アクセサリ類は6%減の2億5980万ドルでした。PlayStation VR が発売され一定の貢献は見せたものの、『Skylanders』や『amiibo』など「Toys-to-Life」市場(インタラクティブ・ゲーミング・トイ)は勢いを失っておりほぼ半減の49%減。

現在「Toys-to-Life」市場のマーケットリーダーは Warner Bros. の『LEGO Dimensions』で、38%の売上シェアを獲得しています。一方、先駆者の『Skylanders』はシリーズ休止のシリーズ休止の噂もささやかれるなど厳しい立場に。

コントローラ販売も前年比で減少と厳しくなっていますが、『Xbox Elite ワイヤレス コントローラー』が前年比46%増と好調でした。コントローラ部門トップは『デュアルショック4』でした。

2016年11月 米ビデオゲーム市場規模

ハードウェア:7億2300万ドル(▲35%)
ソフトウェア:9億5520万ドル(▲18%)*
PCソフトウェア:2750万ドル(▲28%)**
周辺機器・アクセサリ:2億5980万ドル(▲6%)
市場全体:19億7000万ドル(▲24%)

*ゲーム小売販売 + PSN,Xbox Live のデジタルセールス
**小売販売 + Steam のデジタルセールス

集計期間:2016年10月30日 〜 11月26日

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で