ビデオゲームではなく、実際のテーマパークにアトラクションが建設へ。

任天堂とユニバーサル・パークス&リゾーツ(Universal Parks & Resorts)は7日、任天堂キャラクターやゲーム、および世界観に基づいたアトラクションを、ユニバーサルが運営するテーマパークで独占的に展開することで合意したと発表しました。

ユニバーサル・パークス&リゾーツは、ハリウッド映画を中心としたアトラクションが売りのテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ」を運営。同テーマパークはハリウッドやフロリダ、シンガポール、そして日本(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、USJ)で展開中で、北京やモスクワ、ドバイでも展開が計画されています(ドバイは計画中止の可能性)。

任天堂とユニバーサルのクリエイティブチームはコンセプトを詰めており、詳細は後日発表予定とのこと。発表時点では採用ゲームやキャラクターは未定。ただ任天堂の著名キャラクターやゲームが、まったく新しい形で現実世界のユニバーサル・テーマパークに登場するということです。

ユーザーが強く期待していながら、これまで実現することのなかった任天堂キャラクターのテーマパーク進出ですが、今回発表されたユニバーサル・パークス&リゾーツとの提携により、遂に実現することとなりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で