任天堂から14日に発表された、君島新社長の就任。宮本茂氏や竹田玄洋氏を始めとする役員の担当変更等も発表されていますが、“大規模な組織変更”とリリースに記載されているように、ハード、ソフト開発部門がそれぞれ統合され、またそれに伴う人事異動が行われます。

IGNが報じた情報によると、任天堂は16日付でハード開発を行っている統合開発本部とシステム開発本部を統合し、Platform Technology Development Division(技術開発本部)を新設。

任天堂のハードウェアやOS、開発ツール、ネットワークの開発を担当します。本部長には統合開発本部長代理の塩田興氏が就任。塩田氏はWii Uの社長が訊くに登場していました。

ソフト開発部門である情報開発本部(EAD)と企画開発本部(SPD)も統合され、Entertainment Planning & Development Division(企画制作本部)に。

本部長には現在企画開発本部長の高橋伸也氏が就き、『どうぶつの森』シリーズ等の江口勝也氏や3Dマリオシリーズ等で知られる小泉歓晃氏が副本部長となります。この企画制作本部では任天堂プラットフォームだけでなく、スマートデバイス向けのソフト開発も行っていくとのこと。

またビジネス面ではビジネス開発本部を立ち上げ(旧ビジネス開発室)。ビデオゲーム事業のビジネスモデルを洗練していくだけでなく、スマートデバイス事業や任天堂IPを積極活用した新規事業も行っていきます。

その他にも任天堂ヨーロッパの柴田社長の権限が本部長相当から副本部長相当へと変更されるなど色々と気になる動きがありますね。

[追記
日本経済新聞にて、16日付で行われる人事の日本語版が公開されました。代理ではなく副本部長でしたので、オリジナル記事の表記を変更しています。

  • 技術開発本部長(統合開発本部副本部長):塩田興
  • 同本部副本部長:島田健嗣
  • 企画制作本部副本部長(情報開発本部副本部長):江口勝也
  • 同(同本部東京制作):小泉歓晃
  • 開発総務本部副本部長(開発応援本部副本部長):加藤圭三
  • ビジネス開発本部副本部長(ビジネス開発室長):別府裕介
  • 総務本部副本部長(総務):吉村卓哉
  • 経営統括本部副本部長(経理):武永豊

機構改革:

(1)統合開発本部、システム開発本部を統合し、技術開発本部とする
(2)情報開発本部、企画開発本部を統合し、企画制作本部とする
(3)ビジネス開発本部を新設

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で