コナミデジタルエンタテインメントは、同社のサッカーゲームにおいて、各国リーグライセンスに関する包括的な提携を結ぶだけでなく、いくつかのクラブチームとは個々にオフィシャルパートナーシップを結んでいます。

『eFootball ウイニングイレブン2020(ウイイレ2020、eFootball PES 2020)』ではバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン・ミュンヘンなどのクラブと長期パートナーシップを締結。

パートナークラブはリアルさに磨きをかけてゲームに収録されます。

ユヴェントスFC

2011-2012シーズンからセリエAを8連覇中のイタリア最強クラブ、ユヴェントスFCが、コナミのサッカーゲームと独占的なオフィシャルパートナーシップを締結。今後数年間、『ウイニングイレブン』シリーズはユヴェントスのライセンスを有する唯一の家庭用ゲームとなります。

チーム名、選手(クリスティアーノ・ロナウドら17選手はよりリアルに収録)、ユニフォーム、スタジアム「アリアンツ・スタジアム」がリアルに収録。

FCバイエルン・ミュンヘン

ドイツサッカーの名門クラブ、FCバイエルン・ミュンヘンがコナミのサッカーゲームとオフィシャルパートナーシップを締結。

『ウイイレ2020』にはバイエルン・ミュンヘンのホームスタジアム「アリアンツ・アレナ」が収録。高精度3Dスキャンにより細部に至るまで美麗に再現して搭載されます。選手フェイスは高精度3Dスキャンで撮影された計11名の選手がリアルフェイスで搭載。さらに期待の若手MFセルジュ・ニャブリ選手が、アンバサダーに就任しています。

マンチェスター・ユナイテッド

イングランド内だけでなく、世界的にも人気クラブであるマンチェスター・ユナイテッドがコナミのサッカーゲームとオフィシャルパートナーシップを締結。『ウイイレ2020』ではホームスタジアム「オールド・トラフォード」が細部に至るまで美麗に再現されるほか、高精度3Dスキャンで撮影された計15名の選手がリアルフェイスで搭載。若手MFのスコット マクトミネー選手がアンバサダーに就任します。

FCバルセロナ

コナミデジタルエンタテインメントはスペインの名門サッカーチーム「FCバルセロナ」と2016年より3年のプレミアムパートナー契約を締結。『ウイイレ2020』でも引き続きカンプ・ノウが収録されますが、今年はホームスタジアムを外観からトンネルに至るまで再現し、選手入場時の臨場感も大きく向上。

所属選手もに3Dスキャンよって、タトゥーや体型まで忠実に再現して搭載されます。

またヴィッセル神戸に所属する元バルセロナのアンドレス・イニエスタ選手がアドバイザーとしてゲーム制作に全面協力。現実により近づく新たな世界観を実現しました。

その他のパートナークラブ

ヨーロッパ

  • アーセナル
  • シャルケ04
  • ACミラン
  • インテルナツィオナーレ・ミラノ
  • ASモナコ
  • セルティック
  • グラスゴー・レンジャーズ

南米

  • ボカ・ジュニアーズ
  • リーベル・プレート
  • アリアンサ・リマ
  • スポルティング・クリスタル
  • ウニベルシタリオ
  • スポルト ボーイズ
  • パルメイラス
  • フラメンゴ
  • サンパウロ
  • コリンチャンス
  • ヴァスコ・ダ・ガマ
  • アトレチコ・ミネイロ
  • ウニベルシダ・デ・チレ
  • コロ・コロ