【楽天マガジン】サービス利用によるポイント付与が終了

楽天マガジンは、月額418円(税込)で500誌以上を読むことができる、楽天の電子雑誌読み放題サービス。初回31日間は無料で試すことができるほか、利用料金の支払に楽天ポイントを使えたり、お気に入り雑誌をダウンロードしてオフラインで読んだり、複数雑誌の話題をキーワードで検索したりなど、便利に利用することができます。 利用料金の支払いで楽天ポイントが貯まることも特徴のひとつだったのですが、残念ながら20

【終了】【楽天マガジン】初回31日無料+3か月間月額100円で500誌以上読み放題のキャンペーン

500誌以上が読み放題、楽天の電子雑誌読み放題サービス「楽天マガジン」。月額プランは通常380円(+税)ですが、これが3か月の間、100円(+税)となる素敵なキャンペーンが実施中です。 期間は11月2日9時59分まで。 対象は新規に申し込む方です。

【楽天マガジン】ラインナップが500誌以上に拡大、英語雑誌も追加

楽天の定額制電子雑誌読み放題サービス「楽天マガジン」。このたび配信ジャンルの再編が行われ、配信雑誌のジャンルが13から17ジャンルに再編されました。「ヘア・ビューティー」や「芸能・エンタメ」「車・バイク」が新設されるなど、ジャンルの見直しと細分化が実施されています。また英語雑誌 (Foreign Magazines) が追加。ラインナップがさらに充実しています。

【終了】【楽天マガジン】450誌以上が読み放題、年額プランを3割引で利用できる初回登録者向けキャンペーン

楽天の電子雑誌読み放題サービス「楽天マガジン」にて、「初めての方限定・年額プランお申し込みで通常3,600円が年額2,400円!!」キャンペーンが実施中です。期間は7月31日まで。 楽天マガジンに初めて加入する、かつ年額プランを申し込んだ方が対象で、通常年額3,600円のところ、3割引の2,400円、月額にして200円相当で利用できるというキャンペーンです。 楽天マガジンが1年2,400円(月20

【楽天マガジン】読み放題ラインナップが増加、全13ジャンル・450誌以上にボリュームアップ

楽天の定額制雑誌読み放題サービス「楽天マガジン」の対象雑誌数が増加。「全13ジャンル・450誌以上」を読めるようになりました。 料金はこれまでどおり月418円(税込)。

【比較】「dマガジン」と「楽天マガジン」それぞれのサービスの特徴や魅力

動画や音楽、いろいろなコンテンツがサブスクリプションと呼ばれる定額制サービスで提供されるようになりました。電子書籍も色々とサービスがあり、雑誌に特化したものからその他のジャンルの本・コミックなどを含むものまで様々なサービスがあります。 雑誌に特化したサービスとしては「楽天マガジン」と「dマガジン」が有名です。どちらのサービスも月額1コイン(500円)以下という低価格で、数百冊の雑誌を最新号からバッ

【楽天マガジン】法人プランとは、年6,000円で350誌以上の電子雑誌が読み放題

楽天の定額制電子雑誌読み放題サービス「楽天マガジン」では、個人プランだけではなく法人向けのプランも提供されています。 ファッションや美容、ビジネスなど様々なジャンルの人気雑誌350誌以上(2020年2月時点)が、バックナンバーを含めて読み放題となるサービスです。 価格は1つのIDにつき年間6,000円+税(月額500円相当)。 個人向けプランに提供されている「お気に入り機能」「しおり機能」の機能は

【ニンドリ】「Nintendo DREAM」を電子書籍で読む方法、単品購入・読み放題サービスで最新号を楽しむ

『Nintendo DREAM(ニンテンドードリーム)』は(通称ニンドリ)は、1996年に創刊(当時の誌名は64ドリーム)した任天堂専門ゲーム誌。 ニンドリといえば、最新のゲーム情報・攻略・特集に加えて、楽しい読者投稿や読み応えのあるインタビューが特徴です。ただサイズがAB判と大きめであるためかさばり、移動中などの時間に読むことは、なかなか難しいものがあります。 そんなニンドリも、ついに電子版が登

【楽天マガジン】デジタル版雑誌読み放題サービスの特徴や価格、登録・解約方法、他サービスとの比較

楽天マガジン」は、楽天グループの楽天モバイルが運営する、雑誌の定額制読み放題サービスです。 月418円(税込)で、対象 17 ジャンル 500 以上の雑誌の電子版が読み放題(2021年1月時点)。 初回31日間は無料で全てのコンテンツを利用可能。 雑誌を毎号買うと出費や置き場所に困りますが、電子書籍であれば今あるスマートフォンやタブレットを使って読むことができてかさばらず、かつ定額制のサービスな