モノリスソフトが語る『ゼノブレイド2』の開発速度、『ゼノブレイドクロス』のノウハウの上に構築

2017年冬に、最新作『ゼノブレイド2』を Nintendo Switch で発売予定の任天堂子会社モノリスソフト。Wii の『ゼノブレイド』(2010年6月)から Wii U の『ゼノブレイドクロス』(2015年4月)までに5年近くかかったことを考えると、今回はかなり早いタイミングで新作を見ることができそうですが、モノリスソフトの高橋哲哉氏は今回の開発の速さについて、『ゼノブレイドクロス』の影響

モノリスソフト高橋氏、『ゼノブレイドクロス』の Nintendo Switch 移植についてコメント

今は『ゼノブレイド2』に全力投球。 任天堂子会社のモノリスソフト。スタジオは現在 Nintendo Switch 向けに、最新作『ゼノブレイド2』を2017年冬の発売に向け鋭意開発中ですが、Wii U で発売した『XenobladeX (ゼノブレイドクロス)』について、Switch 向けに移植を行う可能性をコメントしています。

モノリスソフト、東京本社で様々な職種のクリエイターを募集。プログラマーやCGデザイナー、プランナー、UI/UXデザイナーなど

『ゼノブレイド』などで知られる任天堂子会社のモノリスソフトが、東京本社の開発スタッフを募集しています。募集職種はプログラマーやCGデザイナー、プランナーなど、様々な分野の才能。

モノリスソフト、京都スタジオで「3D CGデザイナー」を募集。事業拡大に向け大幅増員

任天堂の子会社であるモノリスソフトが、制作力強化を目的として京都スタジオで「3D CGデザイナー」を募集しています。仕事内容は、任天堂がリリースする家庭用ゲーム機向けソフト開発における3D CGデザイン業務。キャラクターやモンスター、建物、小道具といったデザイン画の作成やモデリングを行うということです。

【訂正】『ゼルダの伝説 BotW』に「モノリスソフト東京・京都スタジオから100人規模が開発に参加」は誤り、任天堂チームも含めての人員数

[訂正] 任天堂が改めて、モノリスソフトがどの程度『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』に関わっているのかを明らかにし、モノリスソフト単独で100人規模が関わっているのは誤報であったことが判明しています。正確には、任天堂とモノリスソフトのスタッフも含めたゼルダチーム全体の規模が100人を超えているということです。 ちなみにモノリスソフトの社員数は2016年6月末現在で109名とのこと。 [以

モノリスソフト、2017年は「総合職」「CGデザイナー」を募集。1-UPスタジオも4月から募集を開始

任天堂子会社のモノリスソフトも1日、2017年度の採用活動が解禁されたのに合わせて新卒採用情報を掲載。2017年は「総合職(幹部候補)」「CGデザイナー」を募集しています。勤務地は東京本社、あるいは京都スタジオ。

モノリスソフト、早くも“次のゲーム”に動く。高橋氏「1つ終えたらいつも次のことを考える」

最新作『ゼノブレイドクロス』を国内では4月末に発売し、現在は海外版のローンチへ向け取り組んでいるモノリスソフト。任天堂の子会社として様々なプロジェクトにも少なからず携わる同スタジオですが(最近では『Splatoon』のクレジットにもモノリスの名がありましたね)、早くも次のプロジェクトが動きだしているようです。

WiiU『ゼノブレイドクロス』のOff-TV Play対応は「特に海外からの要望が多かった」

先週販売が開始されたDL版の商品情報から、GamePadにゲーム画面を表示させて遊べる「Off-TV Play」に対応していることが明らかになったWii U『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』。テレビ画面を必要とせず、携帯機のように遊べるWii Uの特徴の1つで、多くのタイトルが対応していますが、『ゼノブレイドクロス』でのこの機能実装は、特に海外からの要望が多かったことが明らかになりまし

WiiU『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』、マップサイズは前作の5倍以上

2015年に発売予定とされている、モノリスソフトのWii U向け最新作『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』。前作『ゼノブレイド』では、Wiiのマシンパワーで広大な世界を魅力的に描いたモノリスソフトですが、プレイヤーは最新作で、さらに巨大な世界を冒険することになります。