『BOTW』世界で無双アクション、100年前の大厄災を描く『ゼルダ無双 厄災の黙示録』体験版リリース

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』で過去の話として語られた、プレイヤーは直接体験することはできなかった 100 年前の大厄災を描く Nintendo Switch ソフト『ゼルダ無双 厄災の黙示録』(任天堂/コーエーテクモゲームス)。 『ゼルダ無双』という派生作品でありつつも、本編である『BotW』につながるストーリーを体験できるタイトルということで、普段『無双』ゲームを遊ばないユーザー

『ゼルダ無双 厄災の黙示録』が11月発売、100年前の大厄災を描く『ブレス オブ ザ ワイルド』へ直接つながる前日譚

『ゼルダの伝説』シリーズ最新作『ゼルダ無双 厄災の黙示録』(Hyrule Warriors: Age of Calamity)が、2020 年 11 月 20 日に発売されます。 対応プラットフォームは Nintendo Switch。 国内のパブリッシャーはコーエーテクモゲームス。海外では任天堂が担当します。 価格は通常版が7,920円(税込)。アイテム付き豪華版「TREASURE BOX」が1

【比較】『ゼルダ無双』Nintendo Switch版“ハイラルオールスターズ DX”の特徴や新要素、Wii U・3DS版との違い

2014年にWii Uで、2016年にニンテンドー3DSで発売された『ゼルダ無双』(Hyrule Warriors)が2018年、『ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX』としてNintendo Switchでも発売。 『ゼルダ無双』を遊び尽くす“究極版”と言われるSwitch版は、過去に発売されたバージョンからどのような進化を遂げたのか。 このページではSwitch版とWii U/3DS版との