Amazon Kindleストアのセール・キャンペーン情報です。400点以上が最大50%オフの「2019冬のコミックエッセイ全力フェア」や「三才ブックス ガジェット本フェア」、対象100点が30%オフの「『冬☆電書2019』現代新書ベスト100フェア」などがはじまっています。

最大2.5%ポイント還元、Amazonギフト券チャージがお得

Amazonの買い物なら、Amazonギフト券がお得。Kindle本の購入にも使えるAmazonギフト券(チャージタイプ)は、現金で5,000円以上の残高を追加するたびにポイントが貯まります。通常会員なら最大2.0%、プライム会員なら最大2.5%がポイント還元。初回利用時はさらに1,000ポイント還元のキャンペーンも開催。

事前に残高をチャージしておくと、クレジットカードなしでAmazonの買い物ができて便利です。明細がまとまるメリットも。

Amazon.co.jp: アカウントに残高をチャージ

開催中の主なセール・キャンペーン

冬☆電書2019

注目本・気になる本

キャンプ・アウトドアに役立つ本セール

NHKのテレビ番組「実践! にっぽん百名山」の解説者を5年にわたってつとめた萩原編集長が、豊富な経験をもとに、山ごはんとおつまみの達人げんさんとコラボし作りあげた最新の山ごはん本。

同番組の料理コーナーで紹介したものだけでなく、速く作れてウマい山ごはんレシピが盛りだくさん!
カップ麺よりも早く、フリーズドライより手作り感があり、最短10秒~最長5分で完成するウルトライージークッキング。

山ごはんはフライパンひとつあればOK! 山用フライパンをフル活用した、「おいしい・簡単・シンプル」なレシピ集です! フライパンの選び方、調理のポイントも分かりやすく解説します。

フライパンで山ごはん シンプル・簡単なレシピ90
著者: 山と溪谷社,ワンダーフォーゲル編集部 山ごはん研究会
出版社: 山と渓谷社

男前燻製料理の決定版! 煙の魔法で、いつもと違うおいしさ! キッチンでもアウトドアでも手軽にできる! 燻製の最新レシピ集。 味付け不要で手軽なチーズや練り物の燻製から、ベーコン、ハム、ソーセージなど本格派燻製まで、男前な燻製をたっぷり77レシピ紹介!

すべてのクライマーに贈るスポーツクライミングテクニックの教科書。 スポーツクライマー必読のクライミング技術解説書。 スポーツクライミングに特化、最も理論的なクライミング技術書。クライミングテクニックの成り立ちとそのマスター方法を詳細に説明。

ついに出た! 昆虫料理時代の到来を告げるオールカラーの本格的昆虫料理レシピブック。和洋中から、おつまみ、デザートまで昆虫づくし。まさに食の新世界! かつてないほんとうにおいしそうな昆虫食レシピ本。

人生が変わる! 特選 昆虫料理50
著者: 木谷 美咲,内山 昭一
出版社: 山と渓谷社

『冬☆電書2019』現代新書ベスト100フェア

「監督の仕事の8割は選手に何をどう伝え、個人の潜在能力を引き出すかです」。名古屋グランパスをJ1昇格に導き、川崎フロンターレ初優勝の基礎を作った智将が初めて書いた、楽しくて強い組織づくりの教科書。サッカー好きのビジネスマン必読! 「人のせい、物のせいにさせない」「伝えすぎずに考えさせる」「怒るのは仕事だけ、人格は絶対否定しない」「体に限界はあっても、頭に限界はない」。名言満載です。

なぜ文明国ドイツにヒトラー独裁政権が誕生したのか?「人類の歴史における闇」ともいえるヒトラー政権時代。その数々の疑問に最新研究をふまえ、答える!ヒトラーの実像からホロコーストの真実までを描く決定版!

世界経済の動向を理解しなければ、日本経済の行く末を正しく判断することはできません。

経済分析では短期的な貿易量の変動や為替レートの変動に注目しがちですが、「なぜそうした変動が起こるのか」その背景にある仕組みを理解することがとても大切です。本書の前半では、世界経済を読み解く上で重要な自由貿易や国際金融の仕組みなどを、基礎から理解できるように分かりやすく解説します。

この国を動かす「本当のルール」とは?なぜ、日本は米国の意向を「拒否」できないのか?官邸とエリート官僚が国民に知られたくない、最高裁・検察・外務省の「裏マニュアル」とは?3分でわかる日本の深層!私たちの未来を危うくする「9つの掟」の正体。4コママンガでもわかりやすく解説。

第1部は「人口減少カレンダー」とし、年代順に何が起こるのかを時系列に沿って、かつ体系的に示した。未来の現実をデータで示した「基礎編」である。第2部では、第1部で取り上げた問題への対策を「10の処方箋」として提示した。こちらは、全国の公務員・政策決定者にも向けた「応用編」と言える。

これからの日本社会・日本経済を真摯に考えるうえでの必読書!

本書は、『未来の年表』の続編である。ベストセラーの続編というのは大抵、前著の余勢を駆った「二匹目のどじょう狙い」である。しかし、本書は決して二番煎じをしようというものではない。「人口減少カレンダー」だけでは、少子高齢化という巨大なモンスターの全貌をとらえるには限界があった。だから今回は、全く違うアプローチで迫る。

海を渡り北方世界と日本を繋ぐ大交易民族としてのアイヌ。中国王朝と戦うアイヌ。従来のステレオタイプを覆し、ダイナミックに外の世界と繋がった「海のノマド」としてのアイヌ像を様々なトピックから提示する。(講談社現代新書)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で