2017年12月に発売されたNintendo Switchソフト『ゼノブレイド2』の公式アートワークス『ゼノブレイド2 オフィシャルアートワークス アルスト・レコード』が、2月12日に発売されます。価格は2,900円+税。

『ゼノブレイド2』本編と追加コンテンツ『ゼノブレイド2 黄金の国イーラ』の2作品の膨大なビジュアル資料などが多数掲載される1冊となっています。

ゼノブレイド2 オフィシャルアートワークス アルスト・レコード

Nintendo Switchソフト『ゼノブレイド2』の公式アートワークス『ゼノブレイド2 オフィシャルアートワークス アルスト・レコード』が、KADOKAWA / Gzブレインより2月12日に発売されます。

『ゼノブレイド2』と『黄金の国イーラ』の膨大なビジュアル資料がこの1冊に凝縮。A4判352ページで登場です。

『ゼノブレイド2 オフィシャルアートワークス アルスト・レコード』の表紙はメインキャラクターデザインを担当した齋藤将嗣氏の描き下ろしイラスト。レアブレイドデザイン・CHOCO氏の特別描き下ろしイラスト4点も収録されています。

膨大なビジュアル資料

『アルスト・レコード』には、レックスやホムラ、ヒカリなどのメインキャラクターはもちろん、複数の著名イラストレーター陣がデザインを担当したレアブレイドたちの最終ビジュアルや初期案、設定画などまであますところなく掲載。担当したイラストレーター陣によるコメントも掲載されています。

アートワークだけでなく、設定資料として巨神獣(アルス)やフィールド、武器、オブジェクト、モンスターなどの設定資料も多数収録。『ゼノブレイド2』の壮大な物語を振り返るストーリープレイバックや、戦闘後の掛け合い、キズナトークの“全セリフ”が網羅。ゲーム内で見逃し&聞き逃したセリフも、本書で確認することができます。

ゼノブレイド2

『ゼノブレイド2』は、任天堂子会社のモノリスソフトが手がけるNintendo Switch用RPG。2017年12月1日に本編が、2018年9月14日に追加コンテンツ『黄金の国イーラ』がリリースされました。

ストーリードリブン型を採用した『ゼノブレイド』を引き継ぐタイトルであることを示すため、直接的なつながりはないものの、ナンバリングの「2」がつけられています。

モノリスソフト開発の『ゼノブレイド』シリーズとしては『ゼノブレイド』『ゼノブレイドクロス』に続く3作目。

2018年9月末までの販売本数は世界153万本。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で