【povo2.0】海外ローミングへの対応開始、8月9日までに全ユーザーに開放

KDDI povo 2.0

KDDI のオンライン専用ブランド「povo2.0」にて、2023年7月20日より順次、日本国外でも利用できる海外ローミング(国際ローミング)への対応がはじまりました。音声通話とSMSに関しては7月20日から、データ通信は8月1日から利用可能です。

一斉に利用できるのではなく、8月9日までにすべてのユーザーが利用できるようになるということです。

povo2.0でも海外ローミングへの対応開始

海外ローミングの対象は 200 以上の国と地域。利用するエリアによって料金は異なっており、たとえばアメリカでの通話は滞在国内への発信に120円/分、日本宛発信は140円/分、日本以外宛では210円/分、着信には165円/分がかかります。SMSは送信が100円/通、受信は無料です。

データ通信の対象は 160 以上の国と地域。90以上の国と地域で利用できる「レギュラートッピング」、韓国やアメリカなど対象地域が区切られる「エリアトッピング」、レギュラートッピング地域を含む160以上の国・地域を対象とする「ワイドトッピング」の3種類に分かれており、1GB/3日間を780円(アメリカの場合)などで利用できます。

先行している「ahamo」の場合、申込みや追加料金不要で海外ローミングを利用可能(利用は現地到着後に設定から「データローミング」をオンにするだけ)。「povo2.0」の場合は海外でデータ通信を行うには「海外データトッピング」の購入が必要となります。

旅行やビジネスなど海外への渡航機会が戻ってくるなか、自分の契約しているサービスが海外ローミングに対応していれば、渡航先でも日本国内にいるときと同じスマホ同じ番号をそのまま使うことができます。Wi-Fiルーターをレンタルしたり海外用SIMカードを別途購入したりせずにすむのでとても便利です。

    share