iOS 15.4 でマスク着用時も顔認証 Face ID を利用できるよう設定する方法、対応機種

マスク着用時に Face ID を使用する。

アップルから2022年3月15日、iOS 15.4 がリリースされました。これにより顔認証 Face ID がマスク着用時の顔にも対応。新型コロナや花粉症、風邪等さまざまな理由からマスク生活をしている場合でも、本人を認識し Face ID によるロック解除ができるようになりました。

マスクをしたまま iPhone のロック解除や Apple Pay 利用時の認証、App 購入時の認証、対応アプリへのログインなどが可能に。

なおマスク着用時の Face ID は iPhone 12 以降で対応。iPhone 11 以前のモデルでは利用できません。これは iPhone 12 以降のモデルでは性能が改善された TrueDepth カメラシステムと顔の形状を正確に読み取る先進の技術が搭載されているためだと見られています。

  • iOS 15.4 から「マスク着用時 Face ID」が利用可能に
  • 対応機種は iPhone 12 以降
  • メガネ姿も登録できる

iOS 15.4

マスク着用時 Face ID を使えるように設定する方法

iOS 15.4 から、顔認証の Face ID がマスク着用時にも使用可能になりました。アップデート後、オプションが表示されるのでそのまま設定するか、もしくは Face ID の項目に「マスク着用時 Face ID」オプションが追加されているので、オンにします。

「設定」>「Face ID とパスコード」>「マスク着用時 Face ID」をオン>「マスク着用時にFace IDを使用する」を選択。

Face ID のセットアップがはじまります。画面に表示される案内にそって、通常の Face ID 登録と同じように顔をスキャンすれば「マスク着用時 Face ID」が有効になります。以降はマスクをしたまま iPhone のロック解除やアプリログイン、決済時の認証などを行えます。

メガネ姿の登録も

「マスク着用時 Face ID」では、人によって異なる目の周りの特徴を認識して認証を行います。アップルはメガネをかけている方向けに、メガネを着用した顔を登録するオプションも提供。設定することで「マスク着用時 Face ID」の精度を高めることができます。メガネは最大 4 本まで追加できます。

ただし「マスク着用時 Face ID」を使うには Face ID で目とその周辺をはっきりと認識できることが必要なため、サングラスは対応していません。

眼鏡の追加も「Face ID とパスコード」から可能です。

「設定」>「Face ID とパスコード」>「メガネを追加」をタップ。

メガネをつけた状態で Face ID のスキャンを行えば完了です。

マスク着用時 Face ID を利用できない・設定できない

「マスク着用時 Face ID」機能は今のところ、iOS 15.4 以降を搭載した iPhone 12 以降で利用できます。iOS のアップデートが済んでいない。もしくは 使用中の iPhone が 11 以前のモデルである場合、「マスク着用時 Face ID」機能を利用できません。

Amazon.co.jp: Apple: iPhone

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

各タイトルは単品購入できるほか、月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむこともできます。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。

Audible