任天堂のスマホ1年目を締めくくるAndroid版『スーパーマリオラン』のローンチが3月23日に決定、iOS版は同日バージョン「2.0.0」へ

任天堂は18日、3月ローンチ予定としていた、Android 版『Super Mario Run (スーパーマリオ ラン)』について、配信開始日が「3月23日」に決定したと発表しました。

Android 版『スーパーマリオ ラン』の配信開始日が決定

昨年12月に先行配信されていた iOS 版に続いて、いよいよ Android 版もリリースへ。なお、同日には iOS 版アプリのバージョン「2.0.0」も予定されているということです。内容は不明ですが、公式アカウントを通じて発表していくとのこと。

2016年3月の『Miitomo』から始まった任天堂のスマホ事業。Android版『スーパーマリオ ラン』が1年目の締めくくりとなりますが、『Miitomo』はアイテム課金制、『スーパーマリオ ラン』は買い切り型、『ファイアーエムブレム ヒーローズ』はランダム型アイテム提供方式(ガチャ)と、アプリ内容だけでなく、ビジネスモデルも三者三様の展開となりました。

今後も任天堂は年に2〜3本のスマホタイトルをリリース予定。2017年4月以降の予定タイトルでは『どうぶつの森』が明らかになっています。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible