10月下旬より、日本でもサービス開始予定の Apple の決済サービス「Apple Pay」。目玉の1つが JR東日本の交通系電子マネー「Suica」への対応ですが、JR東日本ではサービス開始に先立って公式サイトのFAQページを更新。 「Apple Pay」でのSuica利用について、一部情報を公開しています。

EX-ICや銀行チャージなど一部サービスが利用不可

それによると、JR東海が提供する東海道・山陽新幹線の予約サービス「EX-IC」や銀行チャージ、キャリア決済チャージ、ネット決済サービスなど一部利用できないサービスがあり、全ての機能・サービスを使えるわけではないようです。またビュー・エクスプレス特約は iPhone へ移行すると解除される。など「Apple Pay」利用時の注意点が幾つか明らかに。

その他、フィーチャーフォンやAndroid端末からiPhone端末へ機種変更する場合には、iPhoneでSuicaカードの取り込みやSuicaカードの新規発行を行う前に、サーバへ預け入れたデータの受け取り操作を行う必要があること(iPhone内にSuica情報があると機種変更データの受取りができなくなる)。

再発行登録したモバイルSuicaの情報を、iPhoneで引き続き利用することができない点も案内されています。

サービスが開始されて利用者が増えていけば、Apple Pay 内で利用できる機能・サービスも徐々に増えていくかもしれませんが、少なくとも最初のうちしばらくは全機能が使えるわけではないようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Amazonで買い物をするなら、Amazonギフト券に残高をチャージ(入金)して支払いをするのがおすすめです。

チャージタイプのAmazonギフト券(Amazonチャージ)は、現金でチャージ(残高を追加)するたびに、チャージ額に応じてポイントが貯まります。通常会員は最大2.0%、プライム会員なら最大2.5%還元。クレジットカードを使わず、Amazonで買えるほぼすべての商品で利用可能。

有効期限は発行から10年間。余裕をもって使えます。

Amazonチャージで残高を追加する

さらに今なら、初回チャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンが実施中。

Amazonチャージ 初回購入で1,000ポイントキャンペーン