新千歳空港と札幌などを結ぶ、JR北海道の快速エアポート。

現在は1時間に4本運行していますが、2020年春よりこれが1本増えて1時間あたり5本となり、32本の増発。1日の本数は、現在の116本から148本に拡大し、輸送力は3割の増強となります。

1時間4本から1時間5本体制へ

国内旅行先としても人気の北海道ですが、近年は訪日観光客も増加しており、そして今後も利用数増加が見込まれています。

そこで要求が高まっていたのが、現在1時間に4本の、新千歳空港へのアクセス強化。JR北海道は輸送力強化のため、エアポートで使用する車両の新製増備や、信号機等地上設備の増強を実施。2020年春より増発できる運びとなりました。

特別快速

増発する快速エアポートのうち、空港アクセスと沿線利用の棲み分けのため、朝の通勤時間帯と夜間帯は、新さっぽろと南千歳のみ停車する速達タイプの“特別快速エアポート”を設定。

朝の通勤時間帯は新千歳空港行きの上りを2本(うち1本は、8時発の新千歳〜羽田便に間に合います)、夜間帯は札幌行きの下り2本が特別快速に設定。現在の快速エアポートだと札幌〜新千歳間は37分かかるところ、特別快速エアポートでは33分に短縮される見通し。

早朝便も

また、札幌6時発、新千歳空港に6時半ごろ着の早朝エアポートも新設されます。

エアポートの輸送力強化策は、いずれも2020年春より実施予定。具体的なダイヤなど詳細は、決定し次第、改めて発表されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で