U-NEXTの契約者数は3年で2.6倍に増加、定額制動画配信サービスで国内シェア3位

見放題の定額料金の中に、PPVに使えるポイントや電子雑誌読み放題なども含む、競合他サービスとは少し変わったサービス内容で展開している動画配信サービス「U-NEXT」。

順調に契約者数が伸びているようで、2018年6月末時点の契約者数は3年前の2015年6月末と比べて2.6倍に増加しました。2017年6月末と比べても42%増に伸びています。

U-NEXTはシェア3位

AmazonビデオやNetflix、HuludTVなど、国内では多くの競合サービスがひしめいており、GEM Partnersによると2017年度調査では市場規模は1,383億円と推計。そんななかでU-NEXTは、dTV(20.3%)やHulu(13.5%)に次ぐ第3位のシェア(12.6%)を獲得しています。Amazonプライム・ビデオ(11.5%)やNetflix(7.1%)よりも上なんですね。

累計契約者数は非公開ですが、ここ半年で約13万ユーザーを獲得しているとのこと。

2018年8月期第2四半期決算説明資料

米CBSとの包括的コンテンツライセンス契約締結や「2018 FIFA ワールドカップ」の見逃し配信(NHKオンデマンド内)など、ラインナップの満足度向上に取り組んでいる成果が出ているのでしょうか。大人向けのコンテンツが含まれている効果もあったりして。

U-NEXTはテレビ視聴用にSTB「U-NEXT TV」の販売を開始し、リビング進出施策も強化しています。クレジットカード無しでサービスを利用できるプリペイドカードを販売するなどの取り組みも。

U-NEXT とは

U-NEXT(ユーネクスト)は、月額1,990円でハリウッド作品を含む映画やドラマ、アニメ、音楽、アイドルその他映像を楽しめる定額制動画配信サービス。初回31日間は無料でお試しすることができます。

月額1,990円の中に1,200円分のPPVポイントが含まれており、毎月付与されるこのポイントを使って最新作や書籍、コミックを購入したり、映画チケットの割引に使ったりすることができます。配信コンテンツ数は12万。うち8万本が見放題放題の対象です。また電子雑誌70誌の読み放題も月額に含まれています。

月額料金の捉え方としては、動画見放題が990円、雑誌読み放題が500円、1200ポイントが500円。

配信コンテンツはスマートフォンやタブレット、PC、ゲーム機(PS4)、対応テレビなどで視聴可能。もしテレビが対応していない場合でも『Fire TV Stick』などのストリーミング端末を使って視聴が可能です。

Fire TV Stick
メーカー: Amazon

U-NEXT を31日間無料体験する

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。