【FIFA+】公式動画サービス登場、ライブからアーカイブまで膨大なサッカーコンテンツが無料配信

FIFA+

FIFA(国際サッカー連盟)は現地時間2022年4月12日、デジタルプラットフォーム「FIFA+」を発表。サービスを開始しました。iOS / Android アプリの配信もスタート。

世界各国リーグのライブ中継やスタッツ、国際サッカー界のアーカイブ、オリジナルコンテンツなどが提供されます。

  • FIFA公式デジタルプラットフォーム
  • Live Matches : 6大陸連盟100団体から、女子11,000試合を含む年40,000試合以上を配信
  • FIFA+ Archive : 過去のワールドカップなどの大会のアーカイブ(試合全編、ハイライトなど)を配信
  • FIFA+ Originals : 長編ドキュメンタリーや短編映画、トークショーなどのオリジナルコンテンツ
  • 大会データ、最新ニュース、インタラクティブコンテンツなど
  • 料金 : 無料
  • 言語 : 英語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、スペイン語
    ※さらに6言語対応予定

Live Matches: 世界のサッカーが配信

「FIFA+」は 2022 年末までに、6 大陸の連盟に加盟する 100 の団体から男子 29,000 試合以上、女子 11,000 試合以上、計 40,000 試合以上が無料でライブ配信される予定。

ヨーロッパのトップリーグはもちろん、これまで配信機会がなかった男子、女子、ユースなど世界中の試合も含まれるとのこと。サービス開始日から毎月1,400試合がライブ配信され、日ごとに拡充されます。

FIFA+ Archive : 膨大なアーカイブ

2022年FIFAワールドカップカタール大会に先立って、これまでのFIFAワールドカップとFIFA女子ワールドカップの全試合、計 2,000 時間以上にもおよぶアーカイブコンテンツが公開。試合全編やハイライト、ゴールなど最高の瞬間を楽しむことができるとのこと。

「FIFA+ Archive」はまず、1950年代までさかのぼる 2,500 本以上のビデオからスタート。年間を通してその本数を増やしていくということです。ユース年代やフットサル、ビーチサッカーの大会も配信。

FIFA+ Originals など他にも充実

このほか、11言語にローカライズされた長編ドキュメンタリーやトークショー、短編映画などのコンテンツも提供。さらに男子400大会、女子65大会の膨大な試合データにアクセスできるマッチセンターや最新のニュース、ゲームなども用意されています。

「FIFA+」は現在、英語・フランス語・ドイツ語・ポルトガル語・スペイン語に対応。2022年6月にはさらに6言語に対応する予定です。どの言語に対応するのかは発表されていませんが、日本語に対応すれば日本からもアクセスしやすくなりそうです。

share

Amazon セール・キャンペーン

Amazonギフト券購入で最大2.5%ポイント還元

Amazonの買い物なら、Amazonギフト券を使うのがお得。Kindle本の購入にも使えるAmazonギフト券(チャージタイプ)は、現金で5,000円以上の残高を追加するたびにポイントが貯まります。

通常会員なら最大2%、プライム会員なら最大2.5%がポイント還元。

Amazonギフト券チャージ : 最大2.5%がポイント還元

Kindle Unlimited 読み放題

「Kindle Unlimited」は、月額 980 円で小説やコミック、ビジネス本、実用書、雑誌など幅広いジャンルの電子書籍が読めるサブスクサービス(定額制読み放題サービス)。初めての方は30日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセルでき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

Kindle Unlimited を無料体験

Amazon Music Unlimited

「Amazon Music Unlimited」は月額 780 円(Amazonプライム会員の場合。一般会員は月額 980 円)から利用できる、7,500 万曲以上を高音質で楽しめるサブスクサービス(定額制音楽配信サービス)。初めての方は 30 日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセル・プラン変更でき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

Amazon Music Unlimited