任天堂、新市場の開拓は「先進国向けとは全く価格体系が異なる製品群で」

任天堂は30日の「経営方針説明会 / 第3四半期決算説明会 」の中で、成長が見込まれる新市場の開拓について、価格体系が異なる製品群でユーザー拡大を目指す考えであることを明らかにしました。


これまでは先進国向けの製品と同じものをローカライズした後に発売するというアプローチを続けてきた任天堂ですが、ハードウェアやローカライズのコスト上昇により、投資の回収が以前より遙かに難しくなってきたと岩田社長は説明。

先進国におけるハード・ソフトとは全く価格体系が異なる製品群を用意してユーザー拡大に取り組みます。ここでもスマートデバイスを活用していく考えで、情報流通、またコンテンツ流通のインフラとして活用することを目指します。スマートデバイス向けに直接ゲームを提供する事は無いと説明する任天堂ですが、非常に重要な役割を担っていくことになりそうです。

この新しいアプローチでの市場開拓の本格化は2015年が見込まれています。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。