Wii U、内部では既にGamePadの2台接続機能を実装済。コントローラのファームウェアもアップデート可能で機能追加が示唆

海外サイトにて、PC上でのWii U GamePadエミュレートに成功し、GamePadの2台接続機能が既に実装されている事が確認されたほか、コントローラ側もファームウェアのアップデートで機能追加が出来る仕様であることが伝えられています。


報告によれば、Wii Uの最新のファームウェアで、GamePadの2台サポート機能が既に搭載されている事が確認されたとのこと。エミュレートの様子は映像でも公開されています。

任天堂は将来的に複数台をサポートすることを明言し、2台活用ソフトの発売に合わせてWii U GamePadを単体発売も予定されていますが、その機能は今の時点で既に搭載されており、後はソフト発売を待つばかりの状態のようです。

またGamePadのファームウェアも更新可能となっていて、将来の更新による機能追加を示唆しているのではないかということです。

2台接続時にはフレームレートが落ちてしまうなど、単体接続と同じ環境にはならない事が明らかになっていますが、はたしてこの機能が一般向けに開放されるときが来るのかどうか、Wii Uを発展させていけるのか興味深いところです。

マルチタスクが可能であれば、1台でリテールゲーム、もう1台はその他アプリといったカジュアル利用には活用できそうですね。

Wii U プレミアムセット (WUP-S-KAFC) / 任天堂
Wii U ベーシックセット/プレミアムセット
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年12月8日

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。