スイッチ非公式エミュYuzu開発者、任天堂に240万ドルの損害賠償を支払い開発停止へ


ニンテンドースイッチ 有機ELモデル Nintendo Switch OLED Model

 

先日、任天堂アメリカが Nintendo Switch の非公式エミュレーター「yuzu」を開発する Tropic Haze に対して、エミュにより自社のゲーム販売が直接的な損害を被ったとして起こした訴訟。事態は速やかに終息へ向かっているようです。

Tropic Haze は「我々は常に著作権侵害に反対の姿勢を示しており、任天堂のコンソールやソフトウェアに損害を加えるつもりは一切なかった」と主張。実際に起きている著作権侵害行為は自分たちの意図するものではなく、発売前にコンテンツを流出させ、正規購入者やファンの体験を損なうことを許容し続けることはできないとの結論にいたったとしています。

Tropic Haze は任天堂の主張を受け入れ、任天堂に240万ドル(約3.6億円)の損害賠償金を支払うことに同意し、ウェブサイトを任天堂に譲渡し、yuzu と 3DS エミュレーターのCitra の配布を停止します。

任天堂は yuzu がソフトウェアの暗号化を違法に回避し、著作権侵害を助長するために使用されていると主張。任天堂の調査によれば『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』では発売前に少なくとも 100 万回以上ダウンロードされ、非公式で違法なダウンロードを可能にしたのが yuzu の存在だったといいます。任天堂はエミュの配布停止やゲームソフト販売の潜在的な損失に対する損害賠償の支払いを求めていました。

Tropic Haze は今回の措置について「最終的な目標は、あらゆるクリエイターの作品の海賊版を無くすことに少しでも貢献することです」と述べています。

関連キーワード

この記事をシェアする