Switch版『棄海:忘れられた深海都市』(Pronty)が3月発売、深海探索型メトロイドヴァニア


棄海:忘れられた深海都市(Pronty: Fishy Adventure)

 

Steam で高評価のメトロイドヴァニアを、ニンテンドースイッチでも楽しめる。

ハピネットはゲームレーベル「Happinet Indie Collection」を通じ、Nintendo Switch ソフト『棄海:忘れられた深海都市』(開発 : 18Light Game)を2023年3月7日にワールドワイドでリリースします(一部のアジア地域を除く)。

価格は1,840円(税込)。

マイニンテンドーストア/ニンテンドーeショップにて予約受付が開始されており、発売日前日の3月6日までは10%OFFの1,656円(税込)の特別価格で購入できます。

『棄海:忘れられた深海都市』はガーディアン「プランティー」を操作し、深海都市に侵入した変異モンスターと戦いながら、深海に隠された秘密を見つけ出す、メトロイドヴァニア系の深海探索型 2D アクション。

プランティーは相棒である生体兵器のジャベリン型メカジキロボット「ブラント」に指示を出して戦います。

不気味ながらも美しい深海の世界は色鮮やかなカートゥーンスタイルで表現。登場するモンスターも海洋汚染物質や深海生物、古代の海の神話などをモチーフに生み出されています。物語もアメコミ風コミックテイストで描かれるなど個性的です。

Switch版では特典として主人公「プランティー」の限定スキンが使用可能。

メトロイドヴァニアらしい要素としては「いりくんだフィールド探索」や「多種多様なスキルの組み合わせ」による自分なりのプレイスタイル構築など。

「マルチエンディング」「複数のスキン」「実績」「ボスラッシュモード」などやり込み要素も充実しています。4段階から選択できる難易度や被ダメージ率の変更など、ゲームの遊びやすさをカスタマイズすることもできるようです。

舞台は今から約400年後、

科学の技術が飛躍的に進んだ近未来で、人類は海中で生活できる方法を発見。
数百の町が繋がれた現代アトランティスを創り上げました。しかしある日、海底都市「ロイラ」は海洋廃棄物により変異したモンスターに襲われ、今までにない危機に陥ることになります。プレイヤーは深海ガーディアン「プランティー」として、パートナー型自動ジャベリンロボット「ブラント」と共に変異モンスターを退治しながら、変異モンスター侵入の事件の真相、プランティー自身の誕生の秘密を明らかにしていきます。

Happinet Indie Collectionとは

「Happinet Indie Collection」は “おもしろいインディーゲームを世界中からセレクトし、日本のゲームファンへ新しい体験を提供する”をコンセプトに掲げる、世界中のインディーゲームを日本及びアジアに向けて発売するハピネットのゲームレーベル。発売ジャンルは限定せず、クオリティが高く優良なインディータイトルを日本及びアジアに向けて展開しています。

第1弾は『Fury Unleashed』(フューリー アンリーシュド)。常に変容するコミックブックのページを、敵を攻撃しながら進んで行くスピード感あふれるローグライクゲームです。

『ミュータント タートルズ:シュレッダーの復讐』もこのレーベルから発売されました。

関連キーワード

この記事をシェアする

Next

Previous