2022年の家庭用ゲームソフト、売上の72%がデジタル経由


Nintendo Switch / Sony PlayStation / Xbox

 

データ分析会社 New Zoo が2022年のゲーム市場に関する新たなレポートを公開。家庭用ゲーム市場で販売されたソフトウェア(追加コンテンツなどを含む)のうち、デジタル経由の売上が72%を占めていることが明らかになりました。ボックス(パッケージ版、フィジカル)の割合は28%でした。

PCも含めた総収益はデジタルが1,738億ドル(前年比▲4%)、フィジカルが107億ドル(同▲10.1%)。

任天堂のように自社のデジタル販売データを外部の調査会社に提供しないメーカーもあるため、すべてのデータを網羅しているわけでは有りません。未提供データも含めるとデジタル売上高はより大きくなると見られます。任天堂プラットフォームでは他プラットフォームと比べデジタルの販売割合が低いといわれますが、それでも 2022 年 3 月期は総販売本数の 4 割近くがデジタル経由でもたらされました。

2022年、推定される世界ゲーム市場規模は1,844億ドルで、前年と比べ4.3%ダウン。最もシェアが大きいのは50%を占めるモバイルで売上高は922億ドル(前年比▲6.2%)でした。28%を占める家庭用は518億ドル(同▲4.2%)、21%のPCは382億ドル(同+1.8%)、1%のブラウザは23億ドル(同▲16.7%)でした。


この記事をシェアする