『ソニックマニア』開発元、『ソニックオリジンズ』はセガ開発であることを強調

Sonic Origins ソニック オリジンズ

『ソニックマニア』を開発し、いくつかのクラシックソニックタイトルにもかかわってきた Headcannon が、『ソニックオリジンズ』との関係を明確にしています。セガと協力して『ソニック3&ナックルズ』を再構築したと報告していた Headcannon。より詳細に『ソニックオリジンズ』に自分たちがどのようにかかわったのかを説明しています。


Twitter での報告によれば『ソニックオリジンズ』における Headcannon の役割は、プロジェクト全体ではなく、『ソニック3&ナックルズ』のリマスター作業にあったようです。、『ソニック3&ナックルズ』リマスターを行ったとの報告から『ソニックオリジンズ』そのものを Headcannon が担当しているのではないか?との誤解が広がっていることを受けて、表現を訂正。

『ソニックオリジンズ』自体にはかかわっておらず、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ1』『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』『ソニックCD』の追加作業も自分たちの仕事ではないとのこと。『ソニックオリジンズ』とは別のプロジェクトとして、Retro Engine 版『ソニック3&ナックルズ』の開発を請け負ったとしています。

『ソニック3&ナックルズ』を含む『ソニックオリジンズ』内に収録されている Headcannon の仕事は、セガの内部チームによって『ソニックオリジンズ』に実装され、ミッションモードやボスラッシュ、ミラーモードなどの開発もセガによって行われました。Headcannon が手掛けるのはブルースフィアですが、『ソニックオリジンズ』に実装したのはセガの開発チームであると。

「『ソニックオリジンズ』の一部に僕らの仕事がフィーチャーされていることを誇りに思っていますが、しかしこれはセガ開発のタイトルです」

『ソニックオリジンズ』は2022年6月23日にデジタル配信予定。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。