【比較】『Sky 星を紡ぐ子どもたち』Nintendo Switch版の特徴やパフォーマンス、モバイル版からの変更点、『ゼルダ』リスペクトなDLCも


Sky 星を紡ぐ子どもたち

 

『JOURNEY』(風ノ旅ビト)や『Flower』などを手掛けてきた thatgamecompany がモバイル向けに展開している基本プレイ無料タイトル『Sky 星を紡ぐ子どもたち』の Nintendo Switch 版が、2021年6月29日より配信開始。日本では “2021年6月30日朝4時” にリリースされました。

Nintendo Switch 版もモバイル版と同様に基本プレイ無料ソフトとしてリリースされ、各種イベント等が実施。さらにモバイル端末とのクロスプレイ機能も搭載されています。

『Sky 星を紡ぐ子どもたち』をニンテンドースイッチで遊べる、特徴やモバイル版との違いは

『Sky 星を紡ぐ子どもたち』は広大なオープンワールドの世界で自由に空を飛び回ったり、世界中の他のプレイヤーと協力したりしながら進んでいくソーシャル・アドベンチャーゲーム。

星の子どもとして目覚めたプレイヤーは、7つのユニークな地方を巡りながら、フレンドたちと協力し、落ちた星々を見つけだし再び空へと還すことを目指します。

温かみのある、斬新なゲーム体験をもたらす『Sky』。高く評価されており、配信中のモバイル版はAppleベストiPhoneゲーム2019や、Appleデザイン・アワード2020、Google Playベストオブ2020、SXSWモバイルゲーム・オブ・ザ・イヤーなど多数のアワードにて受賞、あるいはノミネートされています。

Nintendo Switch 版の特徴

Nintendo Switch 版『Sky 星を紡ぐ子どもたち』では、タッチ操作に加えてスティック&ボタン操作に対応。標準コントローラーのJoy-Conやプロコントローラーで快適に遊ぶことができます。

テレビの大画面でも携帯モードでも、いつでもどこでも『Sky』をプレイ。公式の NFC グッズにも対応しています。

画質・パフォーマンスを選択

スイッチ版ではオプション画面から2種類のグラフィックモードを選択することができます。

標準では高画質(HD)・30fpsでのゲームプレイとなり、もうひとつ用意されたハイパフォーマンスモードを選択すると、画質は若干落ちるもののフレームレートが向上。60fpsの滑らかなアニメーションで遊ぶことが可能です。

モバイル版ではこれらに加えて省エネとハイデフ(対応機種のみ)のグラフィックオプションを選択可能ですが、スイッチ版には搭載されていません。

DLC「スターターパック」は『ゼルダ』リスペクト

Nintendo Switch版の配信を記念した「スターターパック」が発売。“開発チームからクラシックゲームへの愛と感謝の気持ちを込めた特別なパック”となっています。価格は 3,680 円(税込)。

やや高く見えるこの DLC ですが、『ゼルダの伝説』シリーズにリスペクトを捧げる内容。TGC や任天堂から公式にゼルダコラボが明言されているわけではありませんが、キーアイテムである「オカリナ」や、『ブレス オブ ザ ワイルド』のリンクの髪型、フレンドや精霊に捧げ友情を深めるために欠かせないキャンドル、そしてあっと驚く楽しいサプライズがセットになっています。

「スターターパック」は Switch からのみ購入可能ですが、購入後に連携済みのアカウントでモバイル端末にログインすることで、iOS/Android版でもアイテムを楽しめます。

収録内容
  • 2種のケープ
  • ヘアスタイル
  • オカリナ
  • キャンドル75本

※注意:スイッチを通して購入したキャンドルは、他のモバイル端末に移行することはできません。パックに含まれるキャンドルはスイッチ端末上でのみ使用可能です。同様に、モバイル端末で購入したキャンドルもモバイル端末でのみ使用可能です。

Nintendo Switch版 商品情報
  • タイトル : Sky 星を紡ぐ子どもたち
  • ジャンル : ソーシャルアドベンチャーゲーム
  • プレイ人数 : 1人(オンラインプレイ : 最大8人)
  • 必要な容量 : 2.6GB
  • 価格 : 基本プレイ無料(アプリ内課金あり)
  • 開発・発売 : thatgamecompany
  • 対応機能 : タッチスクリーン、NFC(近距離無線通信)

※インターネット通信環境が必要です
※ゲームを遊ぶのに Nintendo Switch Online 加入は不要ですが、「セーブデータお預かりサービス」を利用するには加入が必要です。


share