『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』で見ることができる、『ブレス オブ ザ ワイルド』にも受け継がれたいくつかの要素


ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD

 

オリジナル版の発売から10年を経て、HD 化され Nintendo Switch で蘇る『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』。いわゆる「ゼルダのアタリマエの見直し」が発表される前に発売された最後のゼルダ本編であり、「シナリオに沿って進む」「順番にダンジョンを攻略する」といった意味合いが強い従来型ゼルダタイトルです。

そうだとしても今に続く部分は少なくなく、たとえば「スタミナゲージ(がんばりゲージ)」や「アイテムの強化」などいくつかの要素は、任天堂の Wii U 最終作であり Nintendo Switch ローンチタイトルである新生ゼルダ、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』に引き継がれています。

任天堂アメリカは『スカイウォードソード』と『ブレス オブ ザ ワイルド』との共通点をいくつか示し、ゼルダシリーズとしてのつながりをアピール。『ブレス オブ ザ ワイルド』からゼルダに入ったユーザーに、『スカイウォードソード』を紹介します。

Nintendo Switch ソフト『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』は、オリジナル Wii 版をベースに画質を強化。滑らかな60fpsで遊ぶことができます。Wiiリモコンプラス(Wiiモーションプラス)を用いた直感的な操作方法は Joy-Con 2本持ちで再現。加えて携帯モードや Nintendo Switch Lite で遊ぶときも考慮して「ボタン操作」にも対応しています。


この記事をシェアする

Next

Previous