【ポケモン】リメイクと新作、「シンオウ地方」をめぐる2つの物語がNintendo Switchに登場


ポケモン25周年ロゴ P25

 

『ポケットモンスター 赤・緑』の発売から25年となる2021年2月27日、ポケモンの最新情報を紹介する「Pokémon Presents 2021.2.27」が配信。番組の中で、「シンオウ地方」をめぐる2つの物語を今年の年末から来年にかけて Nintendo Switch で遊べるようになることが明らかになりました。

1つ目はシリーズの中でも人気の高い『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』のリメイク作品『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』。もう1つは、まだ大自然に包まれていた遥か昔のシンオウ地方が舞台となっている『Pokémon LEGENDS アルセウス』です。

ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』は、2006年にニンテンドーDSで発売された『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』のリメイク作品。ストーリーは当時の内容が忠実に再現され、フィールドも当時のドット絵の雰囲気を保ちながら 3D CG で描き直されています。一方のバトルは、最近のポケモン作品らしい臨場感あるものに。

懐かしくも新しいシンオウ地方の物語が描かれる『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』2021年冬、Nintendo Switch で発売予定。

Pokémon LEGENDS アルセウス

『Pokémon LEGENDS アルセウス』は、世界を巡り、ポケモンを捕まえ、図鑑を作り上げていく『ポケットモンスター』シリーズならではの遊びを大切にしながら、アクション要素を強めた、これまでの『ポケットモンスター』シリーズの枠を超えた新たな体験を届けたいという想いのもと、「アクション」と「RPG」の融合を目指して開発が進められている意欲作。

遥か昔のシンオウ地方を舞台に、この時代のシンオウ地方で初めてのポケモン図鑑を作ることを目指し、主人公は冒険を進めていくことになります。

最初に生まれたポケモンと神話で伝えられる「アルセウス」がストーリー上でもカギを握ることになるであろう『Pokémon LEGENDS アルセウス』は2022年初頭、Nintendo Switch で発売予定。


この記事をシェアする

Next

Previous