【Switchオンライン】アマゾンのAWSが採用、世界2,600万以上のユーザーが利用するサービスを支える

任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」向けの有料オンラインサービス「Nintendo Switch Online」に、アマゾンウェブサービス(AWS)が採用されていることが明らかになりました。アマゾン ウェブ サービス ジャパンが発表しました。

発表によると AWS は、2011年から任天堂に採用。前世代の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」や据置型ゲーム機「Wii U」のオンライン機能においても活用されてきました。

2017年発売の Nintendo Switch でも引き続き採用され、プッシュ通知をはじめ、ゲームをダウンロードできるニンテンドーeショップなど様々な機能で活用されています。そしてこれまでの実績が考慮され、「Nintendo Switch Online」にも AWS が採用。オンラインプレイやセーブデータお預かり、スマホ向けアプリなど、世界2,600万人を超える会員が利用するサービスを支えています。

任天堂は、クラウド向けに構築された MySQL に対応したリレーショナルデータベース「Amazon Aurora」とコンピューティングエンジン「AWS Fargate」を利用。フルマネージド型のコンテナオーケストレーションサービス「Amazon Elastic Container Service(ECS)」でサーバーレスコンピューティングを実現しているということです。また AWS により、オンラインプレイに対応したタイトルのヒットを契機として、飛躍的に伸びた会員数にも対応が可能となりました。

任天堂の担当者は次のようにコメントしています。

「ネットワークを利用した機能やゲームが増加しており、当社のプラットフォームのネットワーク機能を需要の変化に合わせて容易にスケールアップ・ダウンできることは、重要な要素となります。今回、『Nintendo Switch Online』の様々な機能をAWS上に構築することで、需要拡大に容易に対応できています」

アマゾン ウェブ サービス ジャパンの代表取締役社長、長崎忠雄氏は次のように述べています。

「世界中で愛されるゲームを次々とリリースする任天堂様のゲームを支える技術として、AWSを選んでいただいたことを、うれしく思います。任天堂様は、テクノロジーがどのように世界のエンターテインメントを向上できるかについて、素晴らしいビジョンを掲げており、このビジョンを実現していただけるよう、当社の革新的な新サービスを通して、引き続き支援してまいります。」

Nintendo Switch Online について

Nintendo Switch Online は、Nintendo Switchのゲームプレイをより楽しく便利にする有料のオンラインサービスです。

加入すると、対応ソフトでオンラインプレイを楽しめるようになるほか、セーブデータのクラウドセーブ(セーブデータお預かり)やスマートフォン向けアプリなどが利用可能に。また『ファミリーコンピュータ & スーパーファミコン Nintendo Switch Online』や『テトリス99』、『スーパーマリオブラザーズ35』(2021年3月までの限定)といった特典ソフトも提供されています。「ファミリーコンピュータ コントローラー」や「スーパーファミコン コントローラー」「ニンテンドーカタログチケット」といった加入者限定商品も。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。