スプラトゥーン2:「朽ちた箱舟 ポラリス」、“クマに注意”の英語看板や墜落した宇宙船が見えるサーモンラン最後の追加ステージ

11月7日に配信されるNintendo Switch『スプラトゥーン2』の「Ver. 4.2」にて、サーモンラン最後の追加ステージ「朽ちた箱舟 ポラリス」が実装されることが発表されました。

任天堂はかねてより、サーモンランにもう少し手を加えることを示唆してきましたが、新ステージが追加されることとなります。そしてこの「朽ちた箱舟 ポラリス」は、未だ多くの謎が残るスプラトゥーンユニバースの解明につながるヒントが詰まっているかもしれません。

サーモンランの最後の追加ステージ

11月7日に配信の「Splatoon 2 Ver. 4.2」で、サーモンランの最後の追加ステージ「朽ちた箱舟 ポラリス」が実装されます。サーモンランについてはかねてよりもう少し手を加えたいというようなコメントが任天堂から出ていましたが、その通りに新ステージかつ最後の追加ステージが実装。

スプラトゥーンは今から1万2000年後、海面上昇により人類が滅亡した世界が舞台となっています。そのためイカ世界にヒトの言葉は意味のある言語としてほぼ登場しません。

ところが「朽ちた箱舟 ポラリス」には、英語で書かれた注意看板 “CAUTION Active Bear Area” や “CAUTION Active Bear Area Bear in area Travel with caution”があったり、奥には墜落してしまったかのような宇宙船(箱舟)が見えたり。さらにその船には“PRIVATE PROPERTY” “ICA” という文字を確認できたりと、英語で書かれた複数のメッセージを確認できます。

これまで以上に異質で意味深なデザインとなっている「朽ちた箱舟 ポラリス」。クマサン商会との関連を匂わせるポラリス(こぐま座、北極点)や、ノアの方舟を思わせるステージの名付け方も何かを暗示しているかのよう。

海面上昇により地上の生物はヒトを含め絶滅してしまうけれど、完全に滅びてしまう前に、船を使って惑星からの脱出に成功した人たちがいたのかもしれませんね。そしてこのステージにある宇宙船は、残念ながら脱出に失敗して墜落してしまったものだったとか。

クマサン(アンテナのついた木彫りの熊)の正体やいったい誰と交信しているのか?彼らが金イクラを集める本当の目的は?など、謎はまだ多く残っており、『2』のアップデートが終盤に差し掛かる中で、さらに世界観が深く拡がりを見せるだろう次回作『スプラトゥーン3』への期待も膨らみつつあります。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。