E3 にて、2018年12月までのアップデート延長が発表されたNintendo Switch『スプラトゥーン2』。さっそく、今後追加されるブキが2種類紹介されています。

新登場のブキ2種

公開されたブキは、スピナータイプの「クーゲルシュライバー」と、スロッシャータイプの「エクスプロッシャー」。ブキ種としてはスピナーとスロッシャーであるものの、それぞれ独特の性能を備えています。

変速機構をもつ「クーゲルシュライバー」

「クーゲルシュライバー」は、変速機構をもった新しいスピナー。撃ち始めは高速連射できる代わりにブレやすく、射程距離も短い。一方でしばらく撃つと安定し、連射速度は遅くなるものの、遠くまで精密な攻撃ができるようになります。射撃の途中でZRを押すと再チャージすることができるので、クセのある性能を制御しながら戦うことになります。

元ネタは多色ボールペン。ブキ名の「クーゲルシュライバー」は、ボールペンのドイツ語読みそのもの。

重量級スロッシャー

もう1つの「エクスプロッシャー」は、新登場となる重量級のスロッシャー。地形にぶつかると爆発する、特殊なインクを遠くまで飛ばすことができるスロッシャーです。連射性能は低いものの、スロッシャーの特徴である山なりの軌道と、着弾したときの爆発による塗りをうまく活かして活躍できそう。コンパクトなガチホコショットのよう。元ネタはジェットヒーター。灯油タンクに直接吐出口がついたようなデザインをしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で