縦レイアウトにもできる、任天堂『パンチアウト!!』が Nintendo Switch のアーケードアーカイブスに登場

ハムスターが展開している Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) 向け『アーケードアーカイブス』のラインナップに、任天堂が1984年にリリースした『PUNCH-OUT!! (パンチアウト!!)』が加わります。配信開始日は2018年3月30日。価格は823円(税込)。

『PUNCH-OUT!!』がスイッチのアーケードアーカイブスに登場

シリーズ第1作目の『PUNCH-OUT!! (パンチアウト!!)』は、1984年にアーケードで稼働を開始したスポーツアクションゲーム。相手の表情や動きを見極めて、多彩なパンチ攻撃と防御を使い分けて勝ち進み、ボクシングのチャンピオンになることが目標です。ツイン・モニターによるダイナミックな映像でボクシングの迫力を表現し、大人気となった作品です。ファミコンやスーパーファミコン、Wii で続編・リメイクが発売されています。

アーケードのオリジナル版は、プロデューサーが竹田玄洋氏、キャラクターデザインに宮本茂氏、コンポーザーに近藤浩治氏という、任天堂を代表する超豪華メンバーにより開発されました。

スイッチ版ではツインモニターの映像表現を1つのディスプレイで再現。設定で、画面レイアウトを縦と横の2パターン選ぶことができ、縦に並べることで当時のアーケード筐体の雰囲気でプレイすることができます。

share