ニンテンドースイッチ版が2017年11月に発売された『RiME』の最新バージョン 1.0.2 の配信が決定。このアップデートによりゲームのビジュアルとパフォーマンス、特に「携帯モード」でプレイ時のパフォーマンスが大幅に改善します。

スイッチ版 RiME が Ver. 1.0.2 へアップデート

Grey Box はニンテンドースイッチ版『RiME』の改善のために Tequila Works と協力。Ver.1.0.2 を適用することで、画面解像度やテクスチャ品質の向上、フレームレートの改善などが実施されます。

  • 視覚忠実度、ブルームおよび後処理の向上
  • シャープになった画像解像度
  • オープニングムービーの画質改善
  • プレイヤーがステージの一部をスキップできてしまう不具合を修正
  • 特定エリアでのテクスチャ品質の向上
  • 視界距離の向上
  • 葉の密度や影、レンダリング距離の問題を修正
  • キツネのテクスチャミップマップを更新
  • 全体的なミップマップの改善
  • 影の表示距離、クオリティの改善
  • 木の葉のインスタンスを修正
  • フレームレートの安定化
  • 少年のケープや頭髪のフィジックスを最適化
  • ストリーミングボリュームを再構築
  • 後半のステージで、マップの外を見られる問題を修正
  • 裏透け防止のために、ライティングを更新
  • 初期ステージの木々のクオリティを更新

画質の改善に関しては比較画像が公開されています。Ver.1.0.2 では Ver.1.0.1 よりもクッキリした映像になり、影の表現力も上がっていることを確認できます。

ニンテンドースイッチ版『RiME』は、ニンテンドーeショップにて3700円で配信中です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で