2017年6月にホリから発売された Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) の周辺機器『Joy-Con充電スタンド for Nintendo Switch』ですが、ファームウェアのアップデートが実施されました。アップデートを適用することで、スイッチ本体が電源オフ/スリープ状態のときに、稀に充電できなくなる不具合が修正されます。

ホリ、Joy-Con充電スタンドのファームウェアが不具合修正のアップデート

1月24日、ホリが発売しているニンテンドースイッチ用周辺機器『Joy-Con充電スタンド for Nintendo Switch』のファームウェアのアップデートが実施されました。更新を適用することで、稀にJoy-Conが充電できなくなる不具合が修正されます。

なお、ファームウェアのアップデートにはWindows PCが必要となります(対応OS:Win 10、8〜8.1、7)。

アップデート内容

Nintendo Switch 本体が電源OFF/スリープ状態の時、稀に Joy-Con が充電できなくなる動作を修正。

対象機種

  • 製品名:Joy-Con充電スタンド for Nintendo Switch
  • 商品型式番号:NSW-003
  • 製造ロット番号:710**

※製造ロット番号の「**」は任意の数字。

製造ロット番号は、製品底部のラベルに記載されています。

アップデート方法

アップデートには、Windows パソコンが必要となります(対応OS:Windows 10、8〜8.1、7)。
※手順4までは『Joy-Con充電スタンド for Nintendo Switch』をPCに接続しない状態で操作します。

  1. ホリ公式サイトより、アップデートファイルをダウンロードします。
  2. ダウンロードした「Joy-Con_Charger_Updater_V1.24.exe」を実行します。
  3. Joy-Con Charger Update 画面が表示されるのを確認します。
  4. 画面が表示されたら、『Joy-Con充電スタンド for Nintendo Switch』製品のUSBプラグを、パソコンのUSB端子に接続します。
  5. 「Update」を選択できるようになるので、「Update」を選択すると、アップデートが開始されます。
  6. OK
    Update and Verify OK!
    CheckSum:0x0014444B
    Release:0x0124

    と画面が表示されたら適用が完了です。「OK」を選択し、USBケーブルを抜いて作業終了です。

Joy-Con充電スタンド for Nintendo Switch について

『Joy-Con充電スタンド for Nintendo Switch』は、ニンテンドースイッチのコントローラーであるジョイコンを、スライドさせるだけでセットして充電可能な、ジョイコンを最大4本まで同時に充電できる専用充電スタンド。Nintendo Switch ドックの USB 端子に接続して使用するので新たな電源を必要とせず、1〜2台なら3.5時間、3〜4台なら7時間程度でフル充電が可能です。

ジョイコンはスイッチ本体にセットしておくことでも充電可能ですが、同時に充電できるのは左右に装着できる2本のみであるため、『マリオカート8 デラックス』などマルチプレイ対応ゲームを遊ぶときには充電が間に合わないことも。そんなときにこうした製品があると便利です。

また充電スタンドとしてだけでなく、複数あるジョイコンのスタンドとしても使うことができます。

【Nintendo Switch対応】Joy-Con充電スタンド for Nintendo Switch
Joy-Con充電スタンド for Nintendo Switch
メーカー: ホリ
発売日: 2017-06-15

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で