『Skies of Fury DX』が Nintendo Switch に対応、第一次世界大戦の「血の4月」を舞台とするフライトシューティング

カナダのゲームメーカー Seed Interactive と Illumination Games は9日、Nintendo Switch 用フライトシューティングゲーム『Skies of Fury DX』を発表しました。モバイル向けに配信されている『Skies of Fury』に新要素を加えたバージョンとなります。

第一次世界大戦が舞台、『Skies of Fury』がニンテンドースイッチに対応

『Skies of Fury』は、イギリスで Bloody April (血の4月、1917年4月) と呼ばれる、第一次世界大戦中のイギリスとドイツの空中戦を舞台とする、フライトシューティングゲーム。プレイヤーは両方の国のパイロットとして複葉機に乗り込み、100以上あるミッションに挑みます。

特徴

  • 第一次世界大戦に登場した10の戦闘機
  • アンロック可能な、血の4月の史実に基づいた漫画
  • 最大4人まで参加可能なマルチプレイ(サバイバル、対戦)
  • 機体をカスタマイズする数百ものアンロック要素
  • パイロットの操縦技術や戦闘能力のアップグレード要素

モバイル版は基本無料で配信されているので、気になる方はまずモバイル版を試してみるといいかもしれません。

‎Skies of Fury
‎Skies of Fury
Developer: Illumination Games
Price: Free+

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。