【Wii U】有線LAN接続して『スプラトゥーン』や各種オンラインプレイをより快適に遊ぶ方法

この頃なんだか自宅の Wii U のインターネット接続が不調です。今年に入って、少し接続が怪しくなるときが増えてきてはいたのだけど、今回は固定回線の無線接続もダメ、テストとして iPhone のテザリングを試してみてもダメ。

同じ回線を使用しているニンテンドー 3DS など他のデバイスは繋がるので、Wii U 本体に問題が発生しているようです。オンラインが不調だと、『スプラトゥーン』などオンラインマルチプレイを楽しむ時に、他のプレイヤーにも迷惑がかかります。

修理も検討したものの、こうした機会もなかなかないので、回線がより安定する有線LAN接続を試してみることにしました。

Wii U を有線 LAN で接続する方法

Wii U は通常、無線LANでインターネットに接続します。有線LANのコネクタは付いていないので、有線接続をする場合は「有線LANアダプター」が必要になります。

任天堂から純正の「Wii 専用 LAN アダプター」(Wii U にも対応)が発売されていますが、あまり流通していないのか最近はあまり見かけません。そこで今回は Wii や Wii U で動作確認済みである、BUFFALO「LUA3-U2-ATX」を購入。これで Wii U の有線接続を試してみることにしました。

BUFFALO のLANアダプターは USB 3.0 に対応した「LUA4-U3-AGT」というモデルもあって、長い目で見るとより高速なこちらを選びたいのですが、評価を見るとどうやら Wii / Wii U では使えないとのことで断念。

「LUA3-U2-ATX」は USB 2.0 ですが、今回は Wii U を有線接続するのが目的なので問題ありません。

BUFFALO 10/100M USB2.0用 LANアダプタ (Wii、Wii U、MacBookAir動作確認済み) LUA3-U2-ATX
BUFFALO 10/100M USB2.0用 LANアダプタ LUA3-U2-ATX
メーカー: バッファロー
発売日: 2009-08-01
備考: Wii、Wii U、MacBookAir動作確認済み

Wii U を有線 LAN 接続するまでの手順と設定

Wii U を有線接続するのは簡単です。手順をつらつらと書くと長くなってしまいましたが、基本的にはUSBで有線LANアダプターをWii Uと接続し、モデムやルーターとLANケーブルでつなぐだけ。あとは Wii U 本体のインターネット設定から、特別な設定や入力無く接続することができます。

有線接続するまでの手順

  1. Wii U 本体の USB 端子に LAN アダプターを接続。
  2. LAN ケーブルを LAN アダプターに接続し、固定回線のモデムやルーターとつなぐ。
  3. Wii U 本体を起動。「本体設定」→「インターネット」→「インターネットに接続する」を選択
  4. 左上に表示される「(Y)接続方法の選択」→「有線接続」を選択
  5. LAN アダプターが接続され、LEDライトが点灯していることを確認して「OK」を選択。
  6. 接続テストが実行。「接続テストに成功しました。お客様同士の通信は、ここでは判定できませんので、実際にソフトを使ってお試しください」と表示されるので「OK」を選択。
  7. アクセスポイントの情報が保存される。通常使う接続先に設定する場合は「設定する」を選択。
  8. インターネットの画面に戻るので、「Wii/Wii U」ロゴが付いた通常使う接続先に設定されているかを確認。
  9. 任意のソフトを起動し、オンラインに繋がるかを確認する。

有線接続をより安定化させる

接続テストが完了すると、実際にソフトを使ってインターネット接続に移ることができますが、その前にもう1つ設定を。

「本体設定」→「インターネット」→「インターネットに接続する」→「(X)接続先の一覧」から、先ほど設定・保存した有線接続を選び、「設定変更」を選択。

MTU 値を変更

ここでは「SSID(無線LANのみ)」「セキュリティ(無線LANのみ)」「IPアドレス」「DNSアドレス」「Proxyの設定」「MTU値」の確認と変更を行うことができます。今回は「MTU値」を、初期値の1400から「1300」に変更します。

任天堂推奨

MTU値「1300」への変更は、任天堂がサポートページで「ネットワーク環境(有線)の安定化を行う」として、効果的と思われる対処方法の中で紹介しているものです。

「1400」のままでもつながりますが、より安定したネットワーク接続とするために、念のため「1300」へ変更しておきましょう。

まとめ:安定した状態でオンラインを楽しみたいならオススメ

今回は Wii U の有線 LAN 接続を行いました。以前の無線接続のときよりも、安定してオンラインプレイを楽しめるようになりました。

特に『スプラトゥーン』で相手待ちをしている時にエラーでロビーに戻されるといったことが減少。プレイ中もラグが減り、回線が不安定になることはなくなりました。

オンラインプレイ時に回線が不安定だと相手にも迷惑がかかります。安定した環境で安心して遊べます。

簡単なステップで接続できるので、Wii U 本体の USB ポートが余っていて、より安定したネット環境で『スプラトゥーン』のネット対戦などを楽しみたい場合には、有線 LAN 接続はおすすめです。

BUFFALO 10/100M USB2.0用 LANアダプタ (Wii、Wii U、MacBookAir動作確認済み) LUA3-U2-ATX
BUFFALO 10/100M USB2.0用 LANアダプタ LUA3-U2-ATX
メーカー: バッファロー
発売日: 2009-08-01
備考: Wii、Wii U、MacBookAir動作確認済み

share

Amazon セール・キャンペーン

プライムデー(10/13・14)

年に一度のビッグセール、プライムデーが今年は10月13・14日の2日間にわたって開催。タイムセールで目玉商品が続々登場するのはもちろんのこと、最大5,000ポイント還元のポイントアップキャンペーンや日本の中小企業応援企画、スタンプを集めて最大20,000ポイントが抽選で当たるプライムデースタンプラリーなども実施されます。

いくつかのキャンペーンは、プライムデーに先行してスタート。

Amazon Prime Day(プライムデー)2020 | 年に一度のプライム会員大感謝祭

Amazonブランド・限定ブランド 先行セール

プライムデーに先駆けて、「Amazonブランド・限定ブランド 先行セール」がはじまっています。家電、日用品、ファッション小物ほか対象商品が20%オフなど。プライムデー開催期間中は最大30%オフに。

Amazonブランド・限定ブランド 先行セール

Amazonチャージ初回購入で1,000ポイント還元

Amazonの買い物なら、Amazonギフト券を使うのがお得。Kindle本の購入にも使えるAmazonギフト券(チャージタイプ)は、現金で5,000円以上の残高を追加するたびにポイントが貯まります。

通常会員なら最大2%、プライム会員ならプライムデーキャンペーンで最大3%がポイント還元。

今なら初回購入で1,000ポイントがもらえる。

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン

Kindle Unlimited 読み放題

「Kindle Unlimited」は、月額 980 円で小説やコミック、ビジネス本、実用書、雑誌など幅広いジャンルの電子書籍が読めるサブスクサービス(定額制読み放題サービス)。初めての方は30日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセルでき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

【プライムデーキャンペーン】プライム会員なら初回登録時、最初の3か月を99円(約97%OFF)で利用できます。

Kindle Unlimited を無料体験

Amazon Music Unlimited

「Amazon Music Unlimited」は月額 780 円(Amazonプライム会員の場合。一般会員は月額 980 円)から利用できる、6,500 万曲以上を楽しめるサブスクサービス(定額制音楽配信サービス)。初めての方は 30 日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセル・プラン変更でき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

【プライムデーキャンペーン】今なら新規会員登録で初回4か月間が99円。

Amazon Music Unlimited

Amazonパントリー おまとめボックス

食料品や日用品を、ひと箱にまとめて1回で受け取れる。いつもの買い物の手間を減らせる「Amazonパントリー」を、すべてのAmazonユーザーが利用可能に。買い物がお得になる割引クーポンなども配布。

Amazonパントリー 対象商品をチェック