ニッポン画家・山本太郎氏による「マリオ&ルイージ図屏風」が制作、10月一般公開へ

「琳派400年」と「スーパーマリオ30周年」を記念した「マリオ&ルイージ図屏風」が制作され、10月23日より京都市の美術館「えき」KYOTOで開催される「琳派からの道 神坂雪佳と山本太郎の仕事」展で一般公開されることが発表されました。

「マリオ&ルイージ図屏風」は、「ニッポン画家」の山本太郎氏が制作した「風神雷神図」(俵屋宗達作)をモチーフとする屏風。マリオとルイージが風神雷神として両側に描かれているだけでなく、スターや甲羅、ノコノコの甲羅、ファイアボール『スーパーマリオ』のキャラクターも見ることができます。

山本氏のブログ「ニッポン画徒然日記」でもこの屏風の画像が掲載。見るとますます実物の方にも興味が湧いてきます。この秋、京都へ行こうか。

琳派400年記念「琳派からの道 神坂雪佳と山本太郎の仕事」

会場:美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹 7F)
日時:2015年10月23日〜

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。