Amazon、球体デザインになった「Echo Dot」や、新デザイン「Echo Show 10」など「Echo」シリーズの新モデルを発表・予約受付開始

Amazon は 9 月 25 日、スマートスピーカーの「Amazon Echo」の新モデルを発表。予約受け付けを開始しました。

発表されたのは、球体デザインになった「Echo」「Echo Dot」「Echo Dot with clock」と「Echo Show 10」の新モデル。また、「Echo」初の車載モデル「Amazon Echo Auto」の国内取扱を開始しました。

球体デザインになった Echo

「Echo」「Echo Dot」「Echo Dot with clock」が球体デザインに刷新され、また性能も向上して新登場。

Echo

新世代 Echo は、3.0インチのウーファーと2つのツイーターを搭載。向上した音質で、Dolby ステレオサウンドを楽しむことができます。Echo Studio と同様に、自動的にデバイスが設置された空間の音響特性を感知し、最適な音質でのオーディオ再生を調整してくれる機能を搭載。また Zigbee 対応のスマートホームハブを内蔵し、BLE(Bluetooth Low Energy)にも対応しています。

さらに新モデルには、Amazonが開発した、機械学習の高速化に対応する新しいシリコン・モジュール「第1世代AZ1ニューラル・エッジ・プロセッサ」(Amazon’s first-generation AZ1 Neural Edge processer)を搭載し、Alexa がリクエストにより早く反応してくれます(現在米国のみ対応、今後日本でも対応予定)。

発売は 10 月 22 日で、価格は 11,980円。カラーはチャコール、グレイシャーホワイト、トワイライトブルーの3色展開。

第4世代 Echo Dot、Echo Dot with clock

ちっちゃなサイズで人気の「Echo Dot」とシンプルなLEDディスプレイを備えた「Echo Dot with clock」も改良されて新登場。こちらも Echo と同様に球体デザインになりました。

通常の Echo とのサイズ比。

Echo Dot/Echo Dot with clockは1.6インチスピーカーを搭載し、コンパクトながらパワフルで明瞭なボーカルとバランスのとれた低音により、豊かなサウンドを再生します。

さらに、Echo Dot with clockの アラームをタップしてスヌーズする機能が、EchoとEcho Dotでも利用できるようになりました。

価格は Echo Dot が5,980円、Echo Dot with clock が6,980円。

カラーは Echo Dot がチャコール、グレイシャーホワイト、トワイライトブルーの3色展開。Echo Dot with clock はグレイシャーホワイトとトワイライトブルーの2色展開です。

発売日は Echo Dot が10月22日、Echo Dot with clock は 11 月 5 日予定。

Echo Show 10もデザイン一新

10インチHDスクリーンを備えた「Echo Show 10」もデザインを一新。多くの面で機能や品質を向上して新登場となりました。

新しい「Echo Show 10」ユーザーの動きに合わせて回転し、左右に向きを変えるので、部屋のなかのどこにいても、常にスクリーンを見ながら Alexa に話しかけることができます。ブラシレスモーターを新たに搭載しており、回転音は静か。

13メガピクセルの高解像度カメラと自動フレーミング機能が、話している人を自動的に常に正面から拡大表示するので、Alexa を通じたビデオ通話中に部屋の中を移動しても、姿がスクリーンから外れる心配がなくなりました。外出時に内蔵カメラにアクセスし、部屋全体を見渡したりといったことも可能に。

スピーカー部は2つのツイーターと強力なウーファーを内蔵。自動的にデバイスが設置された空間の音響特性を感知し、指向性のある良質なサウンドを再生します。

もうひとつのディスプレイとして、Prime Videoの映画やドラマ、NHKニュースのフラッシュニュース再生などに対応。Netflix のコンテンツも今後視聴できるようになります。

新しい Echo Show 10 でも、AZ1 によるニューラル音声認識機能で、より素早い応答が可能に。また Zigbee 対応のスマートホームハブを内蔵しているので、対応している照明などのスマートホームデバイスのセットアップや操作も簡単に行えます。

価格は 29,980円。チャコールとグレイシャーホワイトの2色展開です。

Echo Auto : シリーズ初の車載デバイス

最後は日本初登場の「Echo Auto」。

「Echo Auto」は、自動車に設置して Amazon Alexa を手軽に体験できる Amazon Echo シリーズ初の車載デバイスです。車のなかでも、Alexa の便利な機能を利用することができます。

「Echo Auto」はスマートフォンの Alexa アプリを介してインターネットへ接続。Alexa とハンズフリーで対話することが可能なデバイス。車内の音響特性を考慮して設計された8つのマイクアレイを搭載しているので、カーオーディオからの音楽やエアコンの音、運転中の騒音といった色々な音が交錯するなかでも、Alexa がスムーズに応答してくれます。給電はシガーソケットもしくはUSBポートから。3.5mmオーディオケーブルまたはBluetoothでデバイスをカーオーディオにつなぎ、付属のエアベントマウント(送風口用アタッチメント)を使用して車に設置します。

Alexaに話しかけて Amazon Music、Apple Music、Spotify といった音楽サービスから音楽をストリーミング再生したり、ニュースを聴いたり、電話をかけたりすることが可能。Kindle ほんの読み上げや、明日の予定を確認したり、さらには車内から自宅のAlexa対応のスマートホーム家電を操作したりすることも。ハンズフリーで操作できるので、注意をそらさずに運転しながらこうした操作を行うことができます。

発売は9月30日で、価格は4,980円。

Amazonデバイス | Amazon

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。